カテゴリー別アーカイブ: 山行記録

ニセコ・アンヌプリ登頂とある夢の記

3月21日、ニセコアンヌプリ登頂、リフトの終点から登山靴とポールでなんとか、1308メートルの頂上まで登攀できた。頂上には1942年当時、北大の中谷宇吉郎らの気象測光所の記念碑が…飛行機の機体に着氷の具合を観測していたそうだ。こんな所にも、戦争の陰が潜んでいた。3月22日も、どっかのピークを目指したが、天候の加減で、羊蹄山麓の半月湖で氷結、積雪の湖面に降りるだけにした。午後からは時間があまったのでしばし微睡み………夢の中に維新オルグが登場した、住民投票の票読みに来た。
ごめんやっしゃ、5月17日にやらはる都構想の住民投票、ぜひとも賛成の票、入れてもらおと思うてうかがいましてん。
住民投票は、大阪都ができる第一歩の大事な投票や!頼んまっせ。だいいちに気持ちがよろしおますがな、都〜やなんて、なんか自分がえろうなったようですがな、東京がなんぼのもんじゃい。大阪再生のキモはなんて言うたかて、大阪都構想だす。
大阪府と大阪市がやらかしている行政のムダ、二重行政でんな、いっぱいありますやろ、大学もそやし、病院も図書館も地下に埋めたはる水道なんかの管も、数えたらいくらでも出てきまっさ。そんな二重行政ヤンピにして一つにしたら、ギョーサンお金浮きまっせ。そのお金で、どでかいこと、例えば、リニア大阪まで通したり、カジノ作って胴元なったらよろしおまっせ。世界中からからお客はんが大阪にきて、もうかりまっせ、ウハウハや。おこぼれもチーとだけ落ちて、暮らしもようなりまっさ。どや、うまい儲け話だっしゃろ。
こんなこと考えるやなんて、橋下はんは、ホンマ、天才や。時々アホみたいなことも言わはるのは玉に瑕でんな。そんで、あの橋下はんの金魚の糞みたいな松井はんちゅう府知事も悪い人やおまへんで。二人とも、冷や汗かきながらも、よーがんばったはるやおまへんか。そんな義理ある橋下はんに、恩返しの時やで、住民投票は。どうぞ、橋下はんの顔、思い浮かべてもろて、賛成と書いておくなはれや、くれぐれもたのんまっさ。

嗚呼嗚呼、悪夢だ 笑


5月29日のオフ

「K2 初登頂の真実」を観てきた。今から、60年ほど前の山の装備はあんなんだったんだ。山に登り始めた頃は、そういえば、リュックもあのようなキスリングだった。イタリア語では、K2 は、Kappa due(カッパ・ドゥエ)というらしい。映画の後、K2 ではないが、高いところに登りたくなったので(笑)ビルの最上階の展望台へエレベーターとエスカレーターへ。淀川の橋のなんと多いことか!


5月14日のオフ

*今日は病児保育「まつぼっくり」へは電話連絡のみとして、大和葛城山へ登った。平日にもかかわらず、かなりの登山客で賑わっていた。登りが一時間半、下りが一時間でほぼ標準ペースだった。

山頂付近は、つつじの開花期を迎え、山肌を紅色に染めていた。こうまでなるとなぜか、若山牧水の歌

雲見れば雲に木見れば木に草にあな悲しみのかげ燃えわたる

を思い出した。


3月27日〜30日のオフおよび31日の診療

*忙しい時期だったが少し休暇を取り、ニセコへスキーおよび雪中の小登山をしてきた。スキーは、はじめてショートスキーを試してみたが、まあまあ快適(緩斜面では?)コブの急斜面ではターンは楽だが、足、膝に来ることは変わりない、しかもこの恐怖感は何なの?スノーシュートレッキングでは、標高1080メートルのニトヌプリに登った。トップからは、ニセコ連山はじめ積丹の山並み一望できた。


*明日から、新年度、けっこう混んでいた患者さんを見ていると、ふとあと10年は臨床をしたい気持ちになった。それには、新しい気持ちでのトレーニングが必要なようだ。
*今日のメディア逍遥
〽五重奏満開間近の路を行くあと十年は夢を見せばや


2月13日のオフ

*積雪の金剛山でチータやミノリンらと雪遊び。そりが転倒したあとは絶対ジージと乗らないとチータさん。


*今日のメディア逍遥
〽心根の奥に潜める悔恨は言葉にならずただに合奏

*外つ国言の葉の葉

今日も、FBコメントそのまま…

[Esto y aquello de verbo español(スペイン語動詞あれこれ)40]
¡Buenas noches! Me llamo Don Quixote.名詞節に、接続法をとりやすい動詞は、願望や命令などの意味内容であることは、前回述べましたね。今回は、命令の意味で、mandar「命ずる」とobligar「強制する」(いずれも三人称単数形現在)、願望の意味で、desear「望む」(一人称複数現在形)を使いますが、例文は長いです(笑 Señor Xasimoto mandara que los empleados público no realicen unos actividades político a horario de no trabajo y obliga que la gente cante ‘kimigayo (su mundo)’ en un acto de ingreso y graduación.Deseamos que el nunca regrese a Osaka.(は◯も◯さんは、勤務時間外でも公務員は政治活動をしないように命令したり、入学・卒業式に「君が代」を歌うように強制しています。私たちは二度と彼が大阪に戻ってこないことを望んでいます。realicen:realizar「実行する」の三人称複数接続法、cante:cantar「歌う」の三人称単複数接続法、regrese:regresar「戻る」の三人称単数接続法)次回以降ももう少し接続法の話を続けます。では、¡Adios!


11月4日の休日

*来週の防災訓練に向けての最終打ち合わせ会議。さいわい短時間で終えることができた。昼から、チータさんらを連れて金剛山ロープウェイへ。しかし、予報は晴だったが、紅葉が始まっていた麓の駐車場で、結構な降雨。あきらめてドライブだけで引き返してきた(写真)。

雨で、まだ緑のもみじがバンパー前面にくっつく

雨で、まだ緑のもみじがバンパー前面にくっつく


*今日のメディア逍遥
CPE・バッハのヴィオラダガンバソナタ、楽器の故か、なかなか内省的な感じがする。
秋の日にビオラ・デ・ガンバの響き聴くただ追憶の日々は帰らず


7月7日のオフ

*今日も、朝から自治会の会議、結局終わったのは午後2時ころ、避難訓練の事は決まったが、その中味をどうするか、それぞれの思惑には、だいぶ隔たりがあるようだ。来週の日曜日、地元の会場で、辰巳コータローの演説会、そのあと、難波での志位委員長の街頭演説に参加予定だが、個人演説会で何か「応援演説」をしてほしいとの事。「福島県での診療」について話をするかな?写真は、先日登ってきた磐梯山。

裏磐梯から見ると山の中腹が噴火で吹っ飛んだ事が分かる

裏磐梯から見ると山の中腹が噴火で吹っ飛んだ事が分かる


*今日のメディア逍遥

七夕に無理やりこじつけて(笑)

・チェンバロのむせび泣くよなその調べ会合別離昔偲ぶ夜


6月26日の診察室

*近頃は、サーバのお守りばかり、ようやく一部のWebサーバを除いてようやく復活、しかもディスクスペースにも余裕が出てきた。今日は、M保育所児の全員健診、手足口病罹患後の子が数多くいた。病児保育「まつぼっくり」でもそうだが、年少になるほど有熱期間も長く、口の中を痛がり、食事や水分も摂れないようだ。写真は、その話題と関係なく、先日の磐梯山登山の途中で見た「バンダイクワガタ」の花。

磐梯山の固有種、しかも6月〜7月にしか咲かないそうなので、ラッキー!

磐梯山の固有種、しかも6月〜7月にしか咲かないそうなので、ラッキー!


*今日のメディア逍遥

近頃は、つくづく体力が弱ってきているのを感じる。歩くことは苦にはならないが、PCのキーボードを打つスピードが極めて鈍い。今日までもそうだったが、この記事も毎日更新というわけにはいくまい。なにか、良いリハビリ方法はないものか?

・右側に傾く体支えつつ一歩一歩モーツァルトを聴く


5月3日のオフ

帝国憲法第七十三条

帝国憲法第七十三条

今日は、憲法記念日なので、ちょっと順番を変えて…

*今日のメディア逍遥
青空ミセラス君での「大日本帝国憲法」ルビ付き縦書PDF

青空文庫に「日本国憲法」と並んで「大日本帝国憲法」がある。青空文庫テキストの「約束事」の決まりは、その誕生から、いろいろ変遷があるらしい。「大日本帝国憲法」は、その初期に属するようなので、ルビ付き縦書PDFには、「青空ミセラス君」の自動転換では、うまく変換できない。そこで、「手動的」に、手を加えてみた。断っておくが、誰かさんのように、「大日本帝国憲法」賛美ではない!むしろ、その改正条項の第七十三条二項の一点に注目!そこには、国会(帝国議会)では、三分の二以上の賛成がなければ、発議できないと明記されている(画像赤線)。このあたりは、帝国憲法創成者が世界の趨勢を見る目があったと評価すべきなのだろう。現行憲法の九十六条のご都合主義的な「改悪」を主張する人たちは、伊藤博文らに何と言い訳するのだろう。
ついでに、文部省作成の「あたらしい憲法のはなし」を、挿絵入り縦書PDFに直してみた。

*昨年の連休での金剛山登山口での駐車場難に懲りて、朝早く出発、カトラ谷→山頂→久留野峠というお決まりのコース。下山途中でカメラマニアの方から、高い木にアオバト(Wikipedia)のつがいが止まっているのを教えていただいた。青色というより全体に緑っぽいようだ。金剛山では、花の名前は、いろいろ覚えたが、鳥も種類が豊富らしい。

金剛山のアオバト

金剛山のアオバト


3月23日のオフ

*22、23日と吹雪模様、今日は、冬型が少し緩んだのか、時折、日もさしていた。しかし山頂付近は荒れ模様が予想されたので、目国内岳の横にある白樺山を目指すことにする。麓の新見温泉を9:10に出発、ゆっくりペースで12:00に山頂到着、以前登った前目国内岳とは違い、頂上直下も緩い登り。その代わり、風はすざましい。周囲の山は、ガスの切れ間に見えたのは思ったほかラッキー、風を避け、軽食を食べ、14:10に新見温泉到着。目国内岳登頂は、今後の宿題としておこう。今日はもうスキーをする気にならない(笑)