カテゴリー別アーカイブ: 子どもの病気

5月18日のオフ

*近くで以下の講演会などがあったので、何年かぶり、いや何十年かぶりに、梅田の北新地(曽根崎新地)あたりを歩いてきた。近松の「曽根崎心中」や「心中天網島」の蜆川(曽根崎川)のありかを示す案内板があった。(写真)

フォーラムは、大阪府女医会、産経新聞社主催「病児保育を考える」。中野こども病院の木野先生の話は明快で、興味深く聞けた。全国的にも、現在の三倍の規模の病児保育が必要だとの主張は、十分肯首できる。(写真)他の講演者は、正直聞くに堪えなかった。ある小説家などは自作の宣伝ではないか?天王寺区の公募区長などは、区内で実現もできていない「病児保育」の計画だけで、「大風呂敷」も甚だしい。限られた講演時間では、木野先生の時間をたっぷりとって欲しかったというのが実感である。パネルディスカッションでも、当たり前のように「こどもの保育は必要だ」というのが出発点ではないはず。もっと病児保育をどう作ってゆくのかという具体的な問題提起が聞きたかった。弁護士の話の中で、「貧困解決」の一助としての「病児保育」が強調されたり、木野先生や大阪府女医会の尾崎先生の病児保育の実際に触れられたりしたのがわずかな救いである。


*今日のメディア逍遥
すこし早いが、6月15日の父の日に因んで…
いい意味でも悪い意味でも、お父さんは時代の「規範」以上には出なかったようだ。
〽父親は決まりの中の音作りやがて才は息子へ羽ばたく

*FBコメントより

南宋の朱弁の詩に「春を送る」というのがあります。
送春
風煙節物眼中稀
三月人猶戀褚衣
結就客愁雲片段
喚回鄉夢雨霏微
小桃山下花初見
弱柳沙頭絮未飛
把酒送春無別語
羨君纔到便成歸

風煙《ふうえん》の節物《せつぶつ》眼中稀に
三月人猶お褚衣《ちょい》を戀う
客愁を結び就《つ》けて雲は片段たり
鄉夢《きょうむ》を喚《よ》び回《かえ》して雨は霏微《ひび》たり
小桃《しょうとう》山下に花初《はじ》めて見《あらわ》れ
弱柳《じゃくりゅう》沙頭《さとう》に絮《わた》未だ飛ばず
酒を把《と》りて春を送るも別語《べつご》無く
君の纔《わ》ずかに到りて便《すなわ》ち歸《かえ》るを成《な》すを羨《うら》やむ

宋が南渡の時、金の捕囚となり、その後十七年に渡り、北に抑留された詩人です。季節を示すものは目に見えず、人々はまだ綿入れを着ている。旅の憂いは雲のように空に浮かび、故郷の夢も覚めてみれば雨に霞むだけ。桃の花はようやく花開いたが岸では柳絮はまだ飛ばない。杯をかざして春を送るも、君(春)はすこしばかりの時を経てもう帰ってゆくのか?君が羨ましいよ!てな意味でしょうか。ここでは柳絮は季節の風物詩とともに、柳絮のように飛んでゆけない自分を恨んでいます。唐詩とは違った宋詩の新しい語句の使い方があるように思います。

【参考】 http://www.haoshici.com/Zhubian315.html

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=245596828979367&id=100005871543455


4月26日の診療

*今日は、外来終了後に久しぶりにセミナー受講(写真)、講演Ⅰは、「新規ワクチンの導入にどう対応するか―子どもと家族に寄り添う接種医の立場で―」、講演Ⅱは「ロタウィルス感染症:予防の重要性とワクチンのインパクト」、二つとも実際的で有益な講演であった。前者では、診療所でのワクチン接種の開始や間隔など細かいことを手直しする必要がありそうだ。後者は、ウィルス学からのロタウィルスの特性や脳炎・脳症などの看過できない合併症の話が聞けた。また、講演後質問したが、ロタウィルスによる無熱性けいれんは、どうやら日本特有のものではなく、脳炎・脳症との関連は薄そうだ。

大阪小児科医会予防接種セミナー

大阪小児科医会予防接種セミナー


*今日のメディア逍遥
〽シングルのたつきの路はなお険し子どもの貧困連鎖を断ち切れ
ひとり親家庭

ひとり親家庭

FB投稿より:私たちが考えている以上に、なかなか現状は深刻です。以前、私たちの病児保育で「ひとり親」の割合を調べたところ、約3割にものぼりました。このように、病児保育は、親の就労支援の大きな柱として位置づけられるべきです。ただ、本書では、病児保育は「派遣型」の民間企業の活動として評価されているのは残念なことです。公的な支援策として、まず「拠点型」のハード・ソフト両方の拡張を図る必要があると思います。阿部彩さんの同岩波新書「子どもの貧困 Ⅰ、Ⅱ」の提起するのとあわせて、子どもの貧困の連鎖を断ち切るためにも、向き合わなければならない課題でしょう。

三十数年かかって実現できること

 数ヶ月前に、自らの受診と検査のために、M総合病院を訪れた。予約時間まで、間があったので、新築なった小児科病棟を案内してもらった。明るく広いプレイルーム、ゆとりのある病室など印象に残った。三十数年前、M総合病院在任中には夢であり、昨今の病院小児科の閉鎖など暗い話題の多い中での小児科独立病棟の嬉しい誕生である。
 また、この十月から、勤務先で、市の公的な補助を受け、病児保育を開始することになった。区内ではじめて「病中児」の保育であり、医療機関併設型の病児保育なので、各方面からの期待も高いと聞いている。今はその準備のため、スタッフ会議など忙しい日々を過ごしている。先日も、KクリニックやJ病院の病児保育室に見学の件でお世話になった。三十数年まえに、全国保育合研で、経験もないのに生意気にも、病児保育分科会の世話人を引き受けたことがあったが、それ以来の責任をやっと果たし、「老後」の楽しみが一つ増えた気がしている。
 この間、その目的のために自らが努力を重ねてきたとは言い難いが、独立病棟といい、病児保育といい、決して短くはない三十数年の歳月は、先輩、同輩、後輩諸兄の熱意と努力の実現に十分な時間であったのだろう。
 病児保育室「まつぼっくり」のブログを作ったので、ご利用いたきたい。


画像置き場に使ってみる…

育ちの木とM君 最近のブログでは、簡単に画像がアップできるようになっている。この WordPress でもそうだし、「このまちサイト」のもとになっている、geeklog でも基本的にはそうだ。しかし、どうも画像とテキストとの配置が気に入らないし、ブラウザによっては、テキストが分断されるようなレイアウトになってしまう。そこで、このブログサイトに画像を置き、スタイルシートで調節するようにした。定型的なコードは、ここでのエディタ部で比較的簡単に作ることが出来るので、その部分をコピー&ペーストすればよい。例として、先日撮ったデジカメ写真をここにアップしてみた。
 実は、この写真、このまちサイト「育ちの木」の記事で使おうとデジカメを構えていると、偶然、M君がやってきた。小さい頃は、よく風邪を引き、診察していた。「今晩、診療所に泊りーや!」と帰る際に腕をひっぱたり、おなかを診る時には、「おへそ取るどー」など、「からかった」り、「いじめ」たりしたものだ。最初のうちはベソをかき、半泣きにもなったが、途中からだんだんたくましくもなり、当方の「冗談」にも調子を合わせてくれていた。しかし最近になると丈夫になり、受診そのものの回数も減り、診療所で会うのも久しぶりだ。ちょうどよい。彼も十分育ったのだから、「育ちの木」の前で、ポーズをとってもらった。そんな由来の写真である。

 


今日のいろいろ…の続きかな

前回少し、赤旗日曜版の「はしか(10代、20代)流行」の記事について触れた。はしか流行・小松美香さんのカット幸い、執筆された小松先生のご許可をいただいたので、「このまちサイト」にその記事と先生の奥さん、美香さんのすてきなイラスト(右図)も載せることができた。小松先生、ありがとうございます。
 ところで、ネット上のいろんなブログでの「はしか」に関する記事で、ちょっと気になるのは、「大人のはしかは重症になる」という表現が多いことだ。そんなことはない。大人のはしかが診断がつきにくく見逃されやすいわけは、軽くすむ場合が結構ある。だから、「大人も子どもも、はしかでは重症になる可能性が、他の感染症と比べて格段に多い」と言うのが正確な表現である。ぜひ、記事をお読みいただき、人に伝染うつさぬようにワクチン接種を心がけてほしい。

 

テクノラティタグ →


子どものはしか、発生!

先日、現在のはしか(麻疹)の流行について書きました。それに基づき、20歳代の方くらいまでは、接種を勧めていますので、本日は複数の希望者が来診されました。中には、60才を越え、はしかが心配だと来られた方もおられましたが、自然罹患の可能性が大である年配の方は、接種不要ですので、念のため…

実のところ、東京方面の流行の母体が、大学生などに「限定」してさえいれば、年少児に波及する事は少ないと、たかをくくっていましたが、本日の外来で、乳児の「はしか」に出会い、ちいさい子どもたちにも感染が広がりはしないかと、懸念しています。はしかの発疹そのはしかの患児は生後 10ヵ月の女児、5月15日夜から発熱、その朝、最近熱が出たり引っ込んだりとの事で診たのですが、特有のコプリック斑はなかったように思います。(ところでネット上では、コプリック斑の典型的な写真が少ないですね。とりあえずは、Wikipedia Koplik’s Spotからたどる写真を紹介しておきます。)17日夕には、母親がブツブツに気づき、本日受診時には典型的なはしか(麻疹)の発疹がみられました。(右の写真は患児の背部、母親のご許可を得て撮影し、かつ掲載します。)

 

テクノラティタグ →

続きを読む


はしかは忘れた頃にやってくる!

写真は、はしか(麻疹)ウィルスの電子顕微鏡写真英語版 ウィキペディアより】

関東方面だけと思っていた「はしか(麻疹)」の流行は関西にも広がりつつあります。今後の流行の進展に十分注意をする必要がありそうです。

以前、小児科医にとって、はしかは外来で「ありふれた」病気でした。「熱を見れば、はしかと思え!」と先輩医師からも叩き込まれたものです。近年、はしかが激減し、ほっとしていましたが、今度の流行を見ていると、「何々は忘れた頃に云々」という言葉を思い浮かぶとともに、その様相が少し違う気がします。

小児科医が、はしかの診断で目の色を変えるのは、はしかでの重症の合併症を警戒するからです。当方が、まだ当直経験も浅い研修医時代、その当直勤務のある夜のこと、けいれんが止まらない 1才くらいの子どもが運び込まれてきました。聞けば、数日前のはしかの高熱も、やっと微熱程度になってきたとのこと。治りかけにみられるように、皮膚の発疹も黒ずんできています。しかし、けいれんに影響され、呼吸、心拍も微弱です。一人ではとうてい対処できないので、先輩の M医師にきてもらい、二人で、救急蘇生に努めましたが、その子はふたたび元気な姿を見せてはくれませんでした。臨床的には「麻疹後脳炎」と診断できる病態です。医者として、その後もこうした場面に立ち会うことはありましたが、最初の経験だった故に痛恨の思いが今も残っています。

テクノラティタグ →

続きを読む


こどもの細菌性髄膜炎のこと

今日も、熱のある子を連れて、お母さんは心配そうに診療所を受診されています。子どもを診療する上での大事な点の一つは、その熱の症状に重大な疾患が隠されているかどうかを見極める点にあると思います。熱の大半は、ウィルス感染症で、それに効かないような抗生物質は必要ありませんし、子どもの免疫の力で自然と治るものです。とは、たいていの小児科医が力説するところで、これ以上つけ加える事はないのですが、それでも家族は、わが子がたまたま例外的に重症だったら、という不安感でいっぱいです。

続きを読む