カテゴリー別アーカイブ: 青空文庫のこと

護持院原の敵討

森鴎外「護持院原の敵討」(青空文庫図書カード)は封建社会の非人間性を淡々と告発した佳品であるが、後に起こった仇討ち(天保九年(1828)〜弘化三年(1846))と混同されることが多い。後の事件は、松本清張の「天保図録」と吉村昭「敵討」に詳しい。(若干両氏にはニュアンスの違いがあるが…)

吉村昭「敵討」

図は吉村昭「敵討」(新潮文庫)


2月26日の診療

*デイサービスにも春の気配…お雛さんが飾られていた。

お内裏はんは向かって右は「標準仕様」?

お内裏はんは向かって右は「標準仕様」?

*今日のメディア逍遥

先日も紹介したが、京都への電車の中では、「凍てつく世界」を読んでいた。ドイツでは、国会議事堂焼き討ち事件を機に、ファシズムへの傾斜が急速に進んだが、日本では、78年前の今日起こった二・二六事件だろう。毎年、この日には、青空文庫に収められている、河合栄治郎の「二・二六事件に就いて」を読むことにしている。写真は、翌日の朝日新聞(FB友の犬丸さんがアップされていた。)

事件を使える新聞

事件を使える新聞

…筆者は之等これらの人々を個人的に知らず、知る限りに於て彼等と全部的に思想を同じくするものではない。然しファッシズムに対抗する一点に於ては、彼等は吾々の老いたる同志である。ややもすれば退嬰たいえい保身に傾かんとする老齢の身を以て、危険を覚悟しつつその所信を守りたる之等の人々が、不幸兇刃きょうじんに仆るとの報を聞けるとき、私はい難き深刻の感情の胸中に渦巻けるを感じた。

ファッシストの何よりも非なるは、一部少数のものが〈暴〉力を行使して、国民多数の意志を蹂躙じゅうりんするに在る。国家に対する忠愛の熱情と国政に対する識見とに於て、生死をして所信を敢行する勇気とに於て、彼等のみが決して独占的の所有者ではない。吾々は彼等の思想が天下の壇場に於て討議されたことを知らない。いわんや吾々は彼等に比して〈敗〉北したことの記憶を持たない。然るに何の理由を以て、彼等は独り自説を強行するのであるか。…

…今や国民は国民の総意か一部の暴力かの、二者択一の分岐点に立ちつつある。此の最先の課題を確立すると共に社会の革新を行うに足る政党と人材とを議会に送ることが急務である。二月二十日の総選挙は、れ自身に於ては未だ吾々を満足せしめるに足りないが、日本の黎明れいめいの総選挙より来るであろう。黎明は突如としてき起これる妖雲よううんによって、しばらくは閉ざされようとも、吾々の前途の希望は依然として彼処そこに係っている。
此の時に当たり往々にして知識階級のささやくを聞く、此の〈暴〉力の前にいかに吾々の無力なることよと、だが此の無力感の中には、暗に暴力讃美さんびの危険なる心理が潜んでいる、そして之こそファッシズムを醸成する温床である。暴力は一時世を支配しようとも、暴力自体の自壊作用によりて瓦壊がかいする。真理は一度地にまみれようとも、神の永遠の時は真理のものである。此の信念こそ吾々が確守すべき武器であり、之あるによって始めて吾々は暴力の前に屹然きつぜんとして亭立しうるのである。

この文章の意が通用するのは、毎年、同じことを書こうと、やはり、現在の悲劇であるとくり返さざるをえない。
〽燃えているものは我らが民主主義あの頃に似た時代を憂う
*外つ国言の葉の庭

ドン・キホーテ挿絵

ドン・キホーテ挿絵

Don Quijote para niños(2)

(…)EL PRINCIPIO DE LA HISTORIA(…)

Vivía Alonso Quijano
en un lugar de la Mancha
era alto y desgarbado
y con una frente bien ancha.

アロンゾ・キハーノは、ラ・マンチャの田舎で暮らしていたが、彼は背が高く不格好な体型で、たいへん幅広のオデコだった。

vivía:vivir「住む」の三単線過去、era:ser の三単線過去

Como todo un caballero
que se precie y tenga fama
decide cambiar su nombre
por don Quijote de la Mancha.

馬を自慢し、名望あるような、完全無欠のナイトにあこがれ、名前を「ドン・キホーテ・デラ・マンチャ」に変えた。

se precie:preciarse「自慢する」の三単現在接続法、tenga:tener の三単現在接続法、decide:decidir「決める」の三単現在


2月10日の診療

*今日は、どうも調子が出ない。病児保育の熱が続く子はインフルエンザに違いないと思ったが、2回めの迅速反応も陰性。インフルエンザの治癒証明書を書こうと思った子は、もう別医で登園許可証をもらったり…こういう齟齬のある日もあるか?

研磨後の孔雀石 Wikipediaより

研磨後の孔雀石 Wikipediaより

というわけで、昨日の続きで、板谷英紀「賢治博物誌」をパラパラ読んでいた。「1923年夏の樺太旅行の帰途、室蘭本線上り列車に乗っていた8月11日の夜明け前頃」の詩だそうだ。それまでに、賢治は、孔雀石の研磨の技術を身につけたらしい。(青空文庫カード

噴火湾(ノクターン)

わかいゑんどうの澱粉や緑金が
どこから来てこんなに照らすのか
(車室は軋みわたくしはつかれて睡つてゐる)
とし子は大きく眼をあいて
烈しい薔薇いろの火に燃されながら
(あの七月の高い熱……)
鳥が棲み空気の水のやうな林のことを考へてゐた
(かんがへてゐたのか
いまかんがへてゐるのか)
車室の軋りは二疋の栗鼠りす
ことしは勤めにそとへ出てゐないひとは
⦅みんなかはるがはる林へ行かう⦆
赤銅しやくどうの半月刀を腰にさげて
どこかの生意気なアラビヤ酋長が言ふ
七月末のそのころに
思ひ余つたやうにとし子が言つた
⦅おらあど死んでもいゝはんて
あの林の中さ行ぐだい
うごいで熱は高ぐなつても
あの林の中でだらほんとに死んでもいいはんて⦆
鳥のやうに栗鼠のやうに
そんなにさはやかな林を恋ひ
(栗鼠の軋りは水車の夜明け
大きなくるみの木のしただ)
一千九百二十三年の
とし子はやさしく眼をみひらいて
透明薔薇の身熱から
青い林をかんがへてゐる
フアゴツトの声が前方にし
Funeral march があやしくいままたはじまり出す
(車室の軋りはかなしみの二疋の栗鼠)
⦅栗鼠お魚たべあんすのすか⦆
(二等室のガラスは霜のもやう)
もう明けがたに遠くない
崖の木や草も明らかに見え
車室の軋りもいつかかすれ
一ぴきのちひさなちひさな白い蛾が
天井のあかしのあたりを這つてゐる
(車室の軋りは天の楽音)
噴火湾のこの黎明の水明り
室蘭通ひの汽船には
二つの赤い灯がともり
東の天末は濁つた孔雀石の縞
黒く立つものは樺の木と楊の木
駒ヶ岳駒ヶ岳
暗い金属の雲をかぶつて立つてゐる
そのまつくらな雲のなかに
とし子がかくされてゐるかもしれない
ああ何べん理智が教へても
私のさびしさはなほらない
わたくしの感じないちがつた空間に
いままでここにあつた現象がうつる
それはあんまりさびしいことだ
(そのさびしいものを死といふのだ)
たとへそのちがつたきらびやかな空間で
とし子がしづかにわらはうと
わたくしのかなしみにいぢけた感情は
どうしてもどこかにかくされたとし子をおもふ

(一九二三、八、一一)

*今日のメディア逍遥
〽人生は所詮は序曲舞台ではどんな芝居がかかるのだろう

*外つ国言の葉の庭

今日も、FBコメントそのまま…
[Esto y aquello de verbo español(スペイン語動詞あれこれ)38]
¡Buenos días! Me llamo Don Quixote.接続法は、そのことだけで一冊の教科書ができるほどで、すべてにわたる説明はできませんが、とりあえず、教科書的に…「直接法」は、「事実や行為を現実・事実として述べます。」例文です→ A gente de Tokio le molesta Señor Masuzoe .(ま◯ぞ◯さんは、東京の人たちには迷惑な存在です。[molesta:molestar「人に迷惑をかける」の三人称単数形、le は、三人称単数の間接目的語】)一方、「接続法」は、「事実や行為を非現実・仮定として述べます」例文です。No creo que Señor Masuzoe haga política buena.(私は、◯す◯えさんが良い政治をするとは思えません。creo:creer[think:「考える」の直接法一人称単数形、haga:hacer[do:「する」の接続法三人称単数形])今日はこれくらいで…では、¡Adios!

2月9日のオフ

*とりとめのない話題で引用二つ…

板谷英紀「賢治博物誌」を読んでいたら、「貝の火」に出ている「玉」はオパール(正確に言うとオーパル)だそうだ。以下の文章ではすごく美しく描写されている。

…ホモイは玉を取りあげて見ました。玉は赤や黄のほのおをあげて、せわしくせわしくえているように見えますが、じつはやはりつめたくうつくしくんでいるのです。目にあてて空にすかして見ると、もうほのおはなく、天の川が奇麗きれいにすきとおっています。目からはなすと、またちらりちらりうつくしい火がえだします。…

かいの火が今日ぐらいうつくしいことはまだありませんでした。それはまるで赤やみどりや青や様々さまざまの火がはげしく戦争せんそうをして、地雷火じらいかをかけたり、のろしを上げたり、またいなずまがひらめいたり、光のながれたり、そうかと思うと水色のほのおが玉の全体ぜんたいをパッと占領せんりょうして、今度こんどはひなげしの花や、黄色のチュウリップ、薔薇ばらやほたるかずらなどが、一面いちめん風にゆらいだりしているように見えるのです。…

宮沢賢治「貝の火」(青空文庫カード

なんぢをばかなしまず行けたとへそらOPALの板となりはつるとも。

ぬれそぼちいとしく見ゆる草あれど越えんすべなきオーパルの空

宮沢賢治・短歌

NHKカルチャーラジオ「漢詩をよむ」を聴いていたら、次のような詩が取り上げられていた。消寒会という寒さをしのぎ、山水画を楽しむ会合での詩。臘梅を「磬口の花」というらしい。磬口とは、仏事で用いる広口の鐘のこと、蝋梅の花の形が似るとある。以下の解説にあるようなイメージだろうか。

やさしい仏教入門
蝋梅ろうばい磬口けいこうの花と言えるとか

消寒絶句六首 其二 清・呉錫麒
礬頭山在屋頭堆
磬口花于水口開
不遇故人誰共賞
打氷声裏一舟来

消寒絶句六首 其の二 清・呉錫麒
礬頭ばんとうの山は屋頭に在りてうずたか
磬口けいこうの花は水口にいて開く
故人にわずんば誰か共にか賞せん
打氷 声裏 一舟来る

*外つ国言の葉の庭

今日も、FBコメントそのまま…
[Esto y aquello de verbo español(スペイン語動詞あれこれ)37]
¡Buenos días! Me llamo Don Quixote.今日は力作です(笑 昨日の例文の解説になるか分かりませんが…まず、aprender:learn「学習する」の「未来形」の人称変化です。-é -ás -á -emos -é -án と動詞不定詞に語尾変化のつく規則変化です。ser:be「〜である」などの不規則変化っぽい動詞も同じ人称変化をします。動詞の「未来形」は、ある文法書によると「現在推量形」と命名したほうが分かりやすいとある、と書きましたね。昨日と今日の例文でも、「学ぶだろう」「〜であろう」の意味です。では、力作(というより、演説が力作、名演説)の例文(笑 Señor Utsunomiya citó a Jou Niizima y habló al pueblo en mitin último ‘La verdad es similar a un ciruelo de época fría,se atreve a florecer contra el viento y la nieve.’ A os ese discurso será inolividable todo el tiempo.(宇都宮さんは、最後の集会で、新島襄を引用し、人々に話しました、「真理は寒梅の似し 敢えて風雪を侵して花開く」。私たちには、その演説は忘れがたいものになるでしょう。ねんのため、演説全文です。 次回からは、いよいよ西語の難関、「接続法」です。では、¡Adios!

*今日のメディア逍遥
〽それぞれに諸行無常の響きあり野望の人の明日はいずこか


5月3日のオフ

帝国憲法第七十三条

帝国憲法第七十三条

今日は、憲法記念日なので、ちょっと順番を変えて…

*今日のメディア逍遥
青空ミセラス君での「大日本帝国憲法」ルビ付き縦書PDF

青空文庫に「日本国憲法」と並んで「大日本帝国憲法」がある。青空文庫テキストの「約束事」の決まりは、その誕生から、いろいろ変遷があるらしい。「大日本帝国憲法」は、その初期に属するようなので、ルビ付き縦書PDFには、「青空ミセラス君」の自動転換では、うまく変換できない。そこで、「手動的」に、手を加えてみた。断っておくが、誰かさんのように、「大日本帝国憲法」賛美ではない!むしろ、その改正条項の第七十三条二項の一点に注目!そこには、国会(帝国議会)では、三分の二以上の賛成がなければ、発議できないと明記されている(画像赤線)。このあたりは、帝国憲法創成者が世界の趨勢を見る目があったと評価すべきなのだろう。現行憲法の九十六条のご都合主義的な「改悪」を主張する人たちは、伊藤博文らに何と言い訳するのだろう。
ついでに、文部省作成の「あたらしい憲法のはなし」を、挿絵入り縦書PDFに直してみた。

*昨年の連休での金剛山登山口での駐車場難に懲りて、朝早く出発、カトラ谷→山頂→久留野峠というお決まりのコース。下山途中でカメラマニアの方から、高い木にアオバト(Wikipedia)のつがいが止まっているのを教えていただいた。青色というより全体に緑っぽいようだ。金剛山では、花の名前は、いろいろ覚えたが、鳥も種類が豊富らしい。

金剛山のアオバト

金剛山のアオバト


2月28日のオフ

*今日のメディア逍遥
宮沢賢治「グスコーブドリの伝記
「生徒諸君に寄せる」詩碑

秋田魁新報のコラム欄北斗星(2011年12月18日付け)(今は、Web 上に存在しない)に、宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」でのブドリの活躍と福島原発事故を絡めて、

▼政府は福島原発事故の収束を宣言したが、避難者の帰還のめども立たないのに何が収束かという不信の声が渦巻いている。人類史に残る過酷事故である。その対応には、ブドリのような献身さがほしい。

と書く。でも、それはちょっと違うんじゃあないかな。ブドリのそれは決して単なる「滅私奉公的な献身」じゃないはずだ。
若い頃見た東京演劇アンサンブルの「グスコーブドリの伝記」は忘れられない芝居の一つである。ラストシーンで、

ブドリは英雄になった。しかし、なぜ英雄が必要だったのか、それは私たちの問題である。ああ諸君よ諸君…

と自らを犠牲にしてイーハトーヴの農民を救うために火口に飛び込んでいったブドリを悼み、クーボー大博士は、こう問いかける。そして、たしか、劇冒頭にも出てきた気宇壮大な彼の詩で私も大好きな「生徒諸君に寄せる」の一節を引用するのだった。

賢治は「グスコーブドリの伝記」の結末では、ブドリが「一人島に残」った事しか書いていない。現代に通じる芝居としてどう成り立たせるか、脚本兼演出家の広渡常敏氏の手腕がさえた結末だと記憶している。

「英雄の必要な時代は不幸である。」とは確かエンゲルスの言葉である。


2月26日の診察室

*インフルエンザの治癒証明書、保育園は必要でけっこうめんどくさい。時々、園から親がもらってこなくて、もう一度出直しということになりかねない。そんな時は、子どものおでこにスタンプを押すことにしている(嘘)。もっとも、最近は、電子カルテになり、「胸部レントゲン指示」などのスタンプ類が机から一掃され、押したくても、ものがない…
*今日のメディア逍遥

二・二六事件の東京

二・二六事件の東京


河合栄治郎「二・二六事件に就て」
今日は、77年前に日本に政治的「激震」が走ったその日である。ここでは、河合と「全部的に思想を同じくするものではない」ことを最小限度で留保しつつ、長い引用をする。昨年は、「彼の発言は、あまりにも今日的なそれであると思うからです。」と書いた。なお、付け加えるならば、昨年より今年、彼の遺した文がより切実に感じるのは、私だけだろうか?再び言う!「現代の河合、出でよ!」

青空ミセラス君PDF

〈〉内は発表当時は伏字!である。
続きを読む


1月21日の診察室

*先週が休日ということもあって、今日は今シーズン最高の賑わいで「たまご」(注:「たくさんまたせてごめんね」の略 笑)状態。先週半ばくらいからインフルエンザもブレーク、病児保育「まつぼっくり」も全員がインフルエンザ。「タミフルなど抗インフルエンザ薬は使わな い方がよい」と保護者に納得してもらうために、長めに時間をとるので、余計「たまご」。検査結果がでるまでの時間にひたすら Nelson の Infuluenzae の項目をWebで読んだ(笑)

青空ミセラス君:杉田久女のページ

青空ミセラス君:杉田久女のページ

*今日のメディア逍遥
赤旗潮流は、今日が命日の女流俳人・杉田久女の話題( http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-01-21/2013012101_03_0.html )昔彼女の代表作「足袋つぐやノラともならず教師妻」に感心したことがある。他に青空文庫( http://www.aozora.jp/misc/index_pages/person606.html )には、彼女の評論があり、なかなか鋭い感性を持っていたようだ。今度、まとめて読んでみよう。


10月29日の診療など

*インフルエンザワクチン・ラプソディ二題。「ワクチン打つから、腕を出してください。」「要するに手を抜けば良いんですね。」「あのお、注射するときは、決して手を抜きませんので。」と訳の分からない会話。「Tさん、ワクチン打っとこか?」「アホは風邪引かんからええわ。」「何言うてんねん。今年のインフルエンザは、そんなの関係なくかかるでえ。」と言いかえしたら、しばかれた(笑)。
*たくさんの方からの飼い犬への「ご弔辞」、ありがとうございました。チータさんは、お別れに際して、「タケル、ネンネちたな、バイバイ!」と優しく撫でていました。大げさですが、何か去りゆく命に対する慈しみと、その生命を受け継ぐ確固たる意思を感じてしまいました。連綿と続く生命の連鎖に改めて思いを馳せた次第です。
*今日のLong Tube Media
今日、10月29日の赤旗スポーツ欄に、太平洋戦争で志半ばで戦死した登山家のことが載っていた(写真)。

「二度と同じことがおこらないよう、今ここで戦わなくてはならない。」

「二度と同じことがおこらないよう、今ここで戦わなくてはならない。」


続きを読む


9月20日の診療など

*病児保育室「まつぼっくり」は、Sちゃんが、また熱で入室。ママ曰く「保育所は、まつぼっくりに変わろうかしら?措置変更してもらおうかな」「まあ、そんな時期もありますよ!そのうちジョウブクなって、縁もなくなるんだから」
*月刊保団連2012年9月号巻頭の二宮厚美さんの投稿(写真)。「社会保障・税一体改革」は、引き続き「国民皆保険制度」への新たな挑戦となってくることは必定である。

「国民皆保険制度」への新たな挑戦

「国民皆保険制度」への新たな挑戦


*今日のLong Tube Media
先日、訪れた水上温泉郷のひとつ、谷川温泉は、太宰治が「第4の心中事件」を起こした土地である。と言われてきたが、小説『姥捨』の記載とは、若干事実とは違うらしい。小説に出てくる旅館は今はなく駐車場になっており、そこに文学碑があり、向かいにその旅館を引き継いだ「谷川」内に、太宰治ミニギャラリーがあり、東大時代の学生証や定期券などが展示されていた。ー この写真に写っている友達: 二宮 厚美