カテゴリー別アーカイブ: 上方文化・芸能雑感

4月19日の診療

*以前、私の「母子手帳」を紹介することがあった。それは、初代の「母子手帳」らしい。そこで、少しその淵源を探ってみたくなった。「母子健康手帳の評価とさらなる活用に関する研究」 によると、戦時中ドイツに留学していた産婦人科医瀬木三雄先生が、そのドイツのある地域の Mutterpassを導入し、「妊産婦手帳」としたものを、戦後すぐに「母子手帳」に発展させたらしい。「妊産婦手帳」には、妊婦の心得として、第一条に「丈夫ナ子ハ丈夫ナ母カラ生マレマス。妊娠中ノ養生ニ心ガケテ立派ナ子ヲ生ミオ國ニツクシマセウ」とあるから、瀬木三雄先生は、そんな意図はなかったと否定されているらしいが、「産めよ増やせよ」の国策に沿ったものが、「母子手帳」のルーツである。写真は、1947年現役の「妊産婦手帳」、まだ国粋的な「心得」は削除されていないところが興味深い。ドイツの Mutterpass は、ナチスの「優生思想」があったと推測されるが、Wikipedia では、そこは触れられていない。うまく纏まったら、どっかで発表しようかな?


*今日のメディア逍遥
〽いろんな事おましたなあ名号に南無阿弥陀仏悲哀を超えて

FBへの投稿から:橋下市長の文楽助成金削減に端を発した騒動の中、人間国宝・竹本住大夫さんは脳梗塞に倒れました。懸命のリハビリの中、見事に舞台復帰(それが引退公演でもあったわけですが…)を遂げられました。公演当日は、舞台上手、太夫の語りの真下で聴いていました。人情味あふれる節回しにうっとりしました。桜丸切腹の段、「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏…」の名号が、わかったような顔をして、とかく文楽にチャチャを入れる輩どもをも包み込むような実に慈愛に満ちたものに感じたのは私だけでしょうか?また、リハビリとは、これまた実に人間的な営みであると改めて思いました。

10月10日の診療など

*ちょうどデイサービスの回診に入っていった途端に、スタッフの「みなさん、3時のおやつの時間ですよ!」との声、Aさんに、時間を狙ってやってきたかのように見られてしまった。別にタイミングを計ってやってきたわけではないよ!(笑)
*今日のLong Tube Media

「地獄のそうべえ」絵本を下敷きに

「地獄のそうべえ」絵本を下敷きに



前の米朝師匠の十八番、『地獄八景、亡者の戯れ』。毎年、正月に、父母の家で、子どもたちとこの落語のLPを聴くのが習慣になっていた。話の源泉は、天草の民話だったようで、この落語と絵本「じごくのそうべい」、木下順二の芝居「陽気な地獄破り」のネタになっている。芝居は、学生時代に、「貧乏神」の「バカ殿」に続いて、二度目の役者として「青鬼」役で出たことがある。台詞はただ一つ、「大王様、大王様、大変でござります!」と地獄にやってきた四人の傍若無人ぶりを閻魔大王に注進する時だけだった。夏休みに、能登地方の小学校で「どさ回り」で上演した際、後の交流会で、子どもたちが束になってかかってこられたことなど懐かしい思い出である。

8月5日のオフ

*二人とも大きくなってきたので、食卓用の椅子をもう一脚手に入れることにした。もう一人となると、どうするかな?

オリンピックの放送ばっかりなので、録画しておいた映画をたて続けに二本観た。「台風騒動記」と「二等兵物語」、いずれも戦後10年も経たずに作られた映画だ。
前者は、山本薩夫監督のコメディ、「天災が過ぎ去ると人災がやって来る」という字幕が未だ現代的だ。ゴーゴリの「検察官」を下敷きにしたそうだ。そのニセ検察官の役が、佐田啓二。東欧諸国の「社会主義」体制の崩壊後に芝居しに行った演劇クラブの先輩から「検察官」の世界がそこに生きている!と聞いたが、現在の日本も笑えない現実である。
後者は、伴淳三郎と花菱アチャコの演じる、これまた笑えないコメディ、敗戦後、伴淳が、備蓄食料を持ちだそうとした上官の前で機関銃を向けながら演説する「おまえら、わしら二等兵の気持ちに寄り添って考えたことがあるか?」などのセリフ、チャップリンの「独裁者」の名演説に匹敵する。

台風騒動記
二等兵物語

佐田啓二と花菱アチャコ

佐田啓二と花菱アチャコ

写真は、佐田啓二と花菱アチャコのスチール写真を合成した(笑)
ところで、棚橋昭夫氏の「けったいな人びと」が面白い。花菱アチャコも取り上げられていた。