日別アーカイブ: 2005年 1月 25日 火曜日

果《は》つるとも、春の日を待ち、種《たね》を播《ま》く

FB友が、幕末〜明治への様々な人物評論を書いておられる。その博識に感銘するばかりであるが、以前、あるサイトに以下のような駄文を書いたのを思い出した。もうサイトからは消えてしまったとおもっていたが、ひょんなことからハードディスクの中からファイルを救い出せたので掲載する。

よろづぶてうほう」号外第七号

一千九百十一年(明治四十四年)一月二十五日

嗚呼《あゝ》!此処に、明治「魔女伝説」は終焉《しうゑん》す

古より、「文は人なり」と云ふ。管野スガ君の人柄に関し、毀誉の意見、幾多あれど、女史の遺したるを見れば、其の性、純にして、情、篤き事、明白なり。此処に、堺 利彦先生の愛娘、堺 真柄氏への手紙と「死出の道艸」からの和歌数首を掲げて、女史を偲《しの》ぶ縁《よすが》とせん。

菅野スガ堺利彦の娘、堺真柄への手紙 一千九百十一年(明治四十四年)一月二十四日付け

――まあさん、うつくしいえはがきを、ありがとう。よくべんきょうができるとみえて、大そう字がうまくなりましたね。かんしんしましたよ。まあさんに上げるハオリはね、お母さんにヒフにでもしてもらって、きて下さい。それからね、おばさんのニモツの中にあるにんぎょうや、きれいなハコや、かわいいヒキダシのハコを、みんなまあさんにあげます、お父さんかお母さんに出してもらって下さい。一度まあさんのかわいいおかおがみたいことね、さようなら。――

「死出の道艸」からの和歌(抜粋)
限りなき時と空とのただ中に小さきものの何を争ふ
野に落ちし種子《たね》の行方を問いますな東風《こち》吹く春の日を待ちたまへ
やがて来む終(つい)の日思ひ限りなき生命《いのち》を思ひほほ笑みて居ぬ
波三里波島《はしま》の浮ぶ欄干《おばしま》に並びて聞きし磯の船うた
千仭《せんじん》の崕《がけ》と知りつつ急ぎ行く一すぢ道を振りも返らで
西東海をへだてし心にて墳《おくつき》に行く君とわれかな

瀬戸内晴美氏『遠い声』より
「すぐすむよ」
秋水が私にささやく…秋水と飛ぶ。ふたり抱きあって、強く。更に高く虹を負って飛ぶ。

福田善之氏『魔女伝説』より

いのちをかけた言葉が / 吐きたい / いのちをかけたおこないを / したい / ほかに / なんにも / したいことがない
スガ (かたわらの誰かに話しかけるように)夢を見ました……二、三人の人と、小さな流れに沿って、畑のなかのひとすじの道を歩いており、ふと空を見あげると、日と月が三尺ほど隔てて、蒼空のなかにはっきり浮かんでいます。そして太陽も月のような色で三分ほど欠けていました。日月相並んで出るは大兇変の兆っていうわね、と連れの人に話しかけたところで目が覚めて……今朝に降りつもった雪が、朝日に輝いて、とても綺麗……何故だかわからないけれど、落ちついているみたいですね、私……

スガ、歩いて行く。

「大逆事件シリーズ」おわりにあたって

この日を以て、我が「よろづぶてうほう」上で綴ってきた「革命伝説」はひとまず終了する。思えば、黒岩 涙香「よろづてうほう」元社主の事を、「十年一覺蒼穹夢」で書いて以来、涙香兄が、傍らに居られ、その「御霊」の力で、一週間のシリーズを書いていた気もする。「十年」から見れば、短いが、これもまた夢の目覚めなのだろう。でも正直言って、楽しくかつ爽やかな夢であった。それは、志半ばにして手折れたけれど、事件関係者が「生きてえように生きてえな、やりてえ事をやりてえな」(福田善之氏『真田風雲録』からの真田隊マーチ)とする、影日向のない清々しさを持っておられたからだろう。ともすれば、建前と本音を使い分けざるを得ない我等小人にとっては、うらやましい限りである。
気がつけば、いつしか「よろづぶてうほう」の日付も現在型になり、不調法で、間違いだらけの文語調も口語体になっている、今はもう、涙香兄もそばにいない。ひょっとしたら彼岸の地で、秋水氏らと昔話で盛り上がっているのかもしれない。であれば、その場でぜひ伝えてほしい「ありがとう、皆さん、つもる話があればいつでも聞かせてください」と。その時は、「よろづぶてうほう」が、また、読者諸氏の前に姿を現す機会であるだろう。今までの、愛読に感謝し、それまでしばらくのお別れである、さようなら!