月別アーカイブ: 2009年5月

亡くなった母の文章

亡くなった母は映画好きで、小さい頃、よく映画館に連れられていった。堀辰雄の「菜穂子」か「風立ちぬ」が映画化され、恋人どうしが白樺の林の中で、再開する場面があったそうだ。幼心にも感動したのか思わず「よかったなあ」と声を出し、映画館の周囲の人々の微笑を誘ったと事が思い出話の一つだった。先日、家を整理していたら、母親の文章が出てきた。大阪保険医協会雑誌 1995年 8月号に掲載された、そんな母親の文章を紹介する。 続きを読む