月別アーカイブ: 2010年7月

オオヤマレンゲ探索行

梅雨の合間、オオヤマレンゲが見たくなり、弥山・八経ヶ岳へ出かけた。この方面へは、前回、2008年5月以来の山行である。
  • 7月1日(木)朝 8時20分自宅出発
  • 10時25分、奈良県吉野郡天川村行者還岳隧道に車を置く
  • 12時 0分、登り口を間違えたので、避難小屋を経てようやく隧道への降り口へ到着、昼食
  • ゆるい勾配の尾根道を経て、弥山へのややきつい道を登る
  • 13時55分、弥山到着、途中で足が少し痛くなったがまあまあのコースタイム。
  • 14時15分、八経ヶ岳への鞍部に、オオヤマレンゲ群生地あり、鹿の害から守るためにフェンスで囲ってある。その入り口、マイズルソウの群生を横目にして行くと、オオヤマレンゲの蕾が見られた。花の季節には少し早かったと後悔したが、少ないながら開花しているオオヤマレンゲにも出会い、ここまで来た甲斐があったと安堵する。モクレン科に属するオオヤマレンゲは、山の風景に溶け込んで、すいぶん清楚に見える。聞けば、天川村の「村の花」だそうだ。
  • 14時35分、八経ヶ岳到着、だんだんガスもかかり、視界は悪い。記念撮影を済ませただちに下山。
  • 17時40分、車のある行者還隧道入り口への直前に雨に会い、ずぶ濡れになりながら到着。
  • 19時50分、自宅着。
【補足】2010年7月18日付け「赤旗」山行ハイキング欄に要旨が掲載されました。