月別アーカイブ: 2012年10月

10月31日の診療など

*午前は、D保育所の健診。年長組さんは、これで最後の健診になるだろう。I君に「保育所、たのしいやろ、来年も学校いかんで保育所におるか?」と聞いたら「一生、おるわ」との返事。やりとりを聞いていた園長先生はなぜか苦い顔をしていた(笑)写真は、2歳児クラスで、全員揃って「いただきます!」

全員揃って「いただきます!」

全員揃って「いただきます!」


*今日のLong Tube Media
http://youtu.be/WyKSajh24xk (現在は利用できなくなっている)
FB友から教えてもらった、ソコロフのバッハなど演目での東京でのライブ。ギレルスやリヒテルでもそうだが、バッハは一音一音が本当に美しい。スクリャービンやプロコフィエフは、ちょっと苦手だが、ショパン同様、流れるような奏法が印象的だ。
代わりに、Sokolov – Bach Goldberg Variations BWV.988


10月30日の診療など

*少し前の写真だが、病児保育まつぼっくりでは、Jちゃんが、おままごとでスパゲッティを食べていた。チータさんやナオチーもそうだが、最近、食材を半分に切れる「おままごとセット」は、子どもに人気なようだ。しかも Jちゃんは、いろいろな食べ物にアレルギーがあり、なおさら。早く本物のスパゲッティが食べられたらいいね。

ままごとのスパゲッティをつるるる

ままごとのスパゲッティをつるるる


*今日のLong Tube Media

バッハ一族の曲集。声楽曲は宗教カンタータのようだが、女性独唱、合唱が素晴らしい。Die Bach ist nicht ein bach.(バッハは決して小川ではない。)


10月29日の診療など

*インフルエンザワクチン・ラプソディ二題。「ワクチン打つから、腕を出してください。」「要するに手を抜けば良いんですね。」「あのお、注射するときは、決して手を抜きませんので。」と訳の分からない会話。「Tさん、ワクチン打っとこか?」「アホは風邪引かんからええわ。」「何言うてんねん。今年のインフルエンザは、そんなの関係なくかかるでえ。」と言いかえしたら、しばかれた(笑)。
*たくさんの方からの飼い犬への「ご弔辞」、ありがとうございました。チータさんは、お別れに際して、「タケル、ネンネちたな、バイバイ!」と優しく撫でていました。大げさですが、何か去りゆく命に対する慈しみと、その生命を受け継ぐ確固たる意思を感じてしまいました。連綿と続く生命の連鎖に改めて思いを馳せた次第です。
*今日のLong Tube Media
今日、10月29日の赤旗スポーツ欄に、太平洋戦争で志半ばで戦死した登山家のことが載っていた(写真)。

「二度と同じことがおこらないよう、今ここで戦わなくてはならない。」

「二度と同じことがおこらないよう、今ここで戦わなくてはならない。」


続きを読む


10月26日の診療など

*予防接種に来診した妹の「付き添い」でやってきたG君に、「いもうとが注射するのはかわいそうやろ、お兄ちゃんに代わりに打とか?」と聞くと、よっほど妹思いなんだろう、「うん」と涙をこらえてうなづいた。「うそだよ!注射とおしっこは代わりにはできないもんな」(笑)
*その予防接種のスケジュールがなかなかに複雑になっている。分かりやすいように、特に乳児期前半の部分の校正を頼まれ、医療生協の機関紙に載せた(写真)が、まだ、これでも難しいかな?

予防接種のスケジュール

予防接種のスケジュール


*今日のLong Tube Media

昼食時に、モーツァルトのピアノ・ソナタ第11番の変奏曲短調部分を聞いていて、ちょっと物悲しくなった。そこで気分を変えて、3台のピアノのための協奏曲。原曲は、J.C.バッハによるもの。演奏家はちょっと不明、http://www.mozart-archiv.de/ からのフリーMP3だろうか?モーツァルトとチェンバロの組み合わせもよく似合い、なかなか落ち着いた演奏だとおもう。


10月25日の診療など

「あかちゃん、あおいな、あいうえお」

「あかちゃん、あおいな、あいうえお」

*デイサービスでは、「あいうえお」の練習を皆でしていた(写真)。当方に「先導」しろ!とのことで、大声で、最初の部分「あかちゃん、あおいな、あいうえお」とイイソコ間違い。利用者さん曰く「赤ちゃんが、青かったら、そりゃ、病気で、せんせの出番やで!」(笑)。

*今日のLong Tube Media


Westhoff (Wikipedia)のバイオリン・ソナタ集、様々な技法のバイオリンの流麗な響きが清々しく聴こえる。


10月24日の診療など

*新婦人しんぶんの10月25日付け・眞鍋先生の記事(写真)のように、ペットアレルギーには、時々、頭を悩ませられる。ペットが老いた時の介護も同じような悩みだが…

新婦人新聞「ペットを飼って大丈夫?」

新婦人新聞「ペットを飼って大丈夫?」


*今日のLong Tube Media

ブルッフ(Wikipedia)の弦楽四重奏曲。バイオリン協奏曲同様、なかなかドラマティックというか、哀愁ある演奏だ。


10月23日の診療など

*午後から、医療生協なにわ支部班会での「インフルエンザワクチン」の話。あまり、堅苦しくなるのはどうかと思い、写真のようなスライドを作ってみた。机を見台にみたて、新聞紙を丸めて叩きながら「しがねえ、恋の情けが仇…」と切り出したものだから、ちょっと、参加者は驚かれたかな?

医療生協なにわ支部班会での「インフルエンザワクチン」の話

医療生協なにわ支部班会での「インフルエンザワクチン」の話


*今日のLong Tube Media

http://youtu.be/zm0zjs26gJk

テレマンの室内楽曲集。様々な楽器のアンサンブルが楽しめるが、とりわけリコーダーの単純な調べが清々しい。(現在は利用できない)代わりに…


10月22日の診療など

*月曜日特有の混みかた。肺炎治癒期、尿路感染など、治療法の「戦略」をゆっくり考えなければならない患者さんが数例。
*病児保育「まつぼっくり」では、D君が迷路のぬりえ。「人生の迷路に入り込んだらあかんよ!」と頭をなでると、キョトンとしていた(笑)。

人生の迷路?

人生の迷路?


*今日のLong Tube Media

今年なくなった、グスタフ・レオンハルトのチェンバロ(一部オルガン)による、バード、ギボンス、パッヘルベル、バッハ曲集。なかなか気品に満ちた演奏だ。


10月21日のオフ

*立てなくなった老犬の介護用品の買い出しでの運転手、亡母宅の庭の草むしり、火曜日に行われる医療生協なにわ支部のインフルエンザワクチン学習会の準備など。

尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原


*今日のLong Tube Media

昨日に引き続きチェロ!アンドレ・ナヴァラ(Wikipedia)演奏の「日本抒情歌集」。冒頭の「夏の思い出」にちなんで今夏の尾瀬ヶ原の写真を再掲。ー 場所: 尾瀬


10月20日の診療など

*今日は、病児保育「まつぼっくり」の一般保育では、Y君ひとり、熱心に絵本を読んでいた。タイトルは「はじめてのお使い」。Y君に質問、「Y君も買いもんにいったことあるん」「うん、牛乳こうてきてん」。ふと見ると絵本の中身も、牛乳をひとりで購入するシーン。すっかり絵本の世界に没頭しているようだ。

Y君ひとり、熱心に絵本を読んでいた

Y君ひとり、熱心に絵本を読んでいた


*今日のLong Tube Media

演奏家でも知られたボッケリーニ(Wikipedia)のチェロ・ソナタ。バッハ以来のチェロのソロ・ソナタで、内省的なチェロの調べを引き出しており、秋の夜長にふさわしい気がする。