月別アーカイブ: 2015年3月

ニセコ・アンヌプリ登頂とある夢の記

3月21日、ニセコアンヌプリ登頂、リフトの終点から登山靴とポールでなんとか、1308メートルの頂上まで登攀できた。頂上には1942年当時、北大の中谷宇吉郎らの気象測光所の記念碑が…飛行機の機体に着氷の具合を観測していたそうだ。こんな所にも、戦争の陰が潜んでいた。3月22日も、どっかのピークを目指したが、天候の加減で、羊蹄山麓の半月湖で氷結、積雪の湖面に降りるだけにした。午後からは時間があまったのでしばし微睡み………夢の中に維新オルグが登場した、住民投票の票読みに来た。
ごめんやっしゃ、5月17日にやらはる都構想の住民投票、ぜひとも賛成の票、入れてもらおと思うてうかがいましてん。
住民投票は、大阪都ができる第一歩の大事な投票や!頼んまっせ。だいいちに気持ちがよろしおますがな、都〜やなんて、なんか自分がえろうなったようですがな、東京がなんぼのもんじゃい。大阪再生のキモはなんて言うたかて、大阪都構想だす。
大阪府と大阪市がやらかしている行政のムダ、二重行政でんな、いっぱいありますやろ、大学もそやし、病院も図書館も地下に埋めたはる水道なんかの管も、数えたらいくらでも出てきまっさ。そんな二重行政ヤンピにして一つにしたら、ギョーサンお金浮きまっせ。そのお金で、どでかいこと、例えば、リニア大阪まで通したり、カジノ作って胴元なったらよろしおまっせ。世界中からからお客はんが大阪にきて、もうかりまっせ、ウハウハや。おこぼれもチーとだけ落ちて、暮らしもようなりまっさ。どや、うまい儲け話だっしゃろ。
こんなこと考えるやなんて、橋下はんは、ホンマ、天才や。時々アホみたいなことも言わはるのは玉に瑕でんな。そんで、あの橋下はんの金魚の糞みたいな松井はんちゅう府知事も悪い人やおまへんで。二人とも、冷や汗かきながらも、よーがんばったはるやおまへんか。そんな義理ある橋下はんに、恩返しの時やで、住民投票は。どうぞ、橋下はんの顔、思い浮かべてもろて、賛成と書いておくなはれや、くれぐれもたのんまっさ。

嗚呼嗚呼、悪夢だ 笑


師曰く(9)

Wikipedia アダム・スミス肖像

Wikipedia アダム・スミス肖像

アダム・スミス先生( Wikipedia )曰く
「かなり自己中心的だと思われているひとでも、心にはなんらかの道徳規準が確かに存在している。その道徳規準があるために、ほかの人の運命の浮き沈みについて考えようとし、さらには周囲に幸せになってもらうことが必要なのである。ただし、その幸せを見ても喜びがあるのみ、幸せからひきだせるものは何もない。ひとの不幸をみたり、心に思いうかべたりするとき、窮状を気遣うこの感情は同情でもあり、哀れみでもある。ひとさまの悲しみが自分の悲しみの原因となることは明らかであり、例をあげて証明するまでもない。同情や哀れみのような感情は、人間の心にもともとある他の感情と同じであり、けっして徳の高いひとや思いやりのあるひとに限定されたものではない。たしかにそうしたひとたちであれば、悲しみをきわめて鋭敏な感覚で感じとるのかもしれない。だが社会の法を無情にも踏み破る極悪非道の悪党ですら、悲しみを感じないことはないのだ。」(「道徳感情論」 より)
「善人なおもて往生をとぐ、ましてや悪人においてをや」(親鸞)。う〜うん、最近は一片の共感感情を持たない御仁もいるような気がしていますが…(笑)