10月9日の診療など

*10月7日付けの大阪民主新報に、ずっと以前に「健康管理医」として関わった、大阪市住吉区の「亀の子共同保育所」のことが載っていた(写真)。大阪市の助成が打ち切られるという危機だったが、「保育ママ」制度で、今後も運営できることが決まったそうだ。まずは、喜ばしく感じる。「管理医」時代に、その保育所で、「百日咳」が大流行したことがある。集団保育の中での対処など、どの成書や文献にもない中で、「抗体価測定」で、罹患と非罹患を振り分けたり「予防投薬」で、それ以上の蔓延を防いだり、結局は、罹患児が大多数になったため、保護者への経過説明会を開き、「病児保育」体制を作ったり、…苦労はあったが、今となっては、感慨深いエピソードである。「亀の子」は、今後もいろいろ課題はあろうが、地域の子育てのメッカとして発展を願っている。

亀の子共同保育所の記事

亀の子共同保育所の記事


*今日のLong Tube Media

コレルリのフォリア( Wikipedia http://bit.ly/r8Byf7 )をベースにした、様々な作曲家の変奏曲集。フォリア自体に、「常軌を逸した」という意味があるらしいが、バイオリンなどの切れ味のよい演奏に、その一環を垣間見ることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>