野田秀樹「怪盗乱魔」


ゲット価:100円

野田秀樹「怪盗乱魔」

野田秀樹「怪盗乱魔」

学生時代、唐十郎や鈴木忠の芝居を見に行った。東京クンダリに出かけたというより、何ヶ月も東京の友達の家に居候し、なんとか食いつないでいたのだから、のんきな時代でもあった。それから、少し経った頃に野田秀樹の「夢の遊眠社」が出てきて、「怪盗乱魔」も初演されたように思う。そうした芝居の溜まり場が東京でも新宿近辺に集中していた。赤テントや早稲田小劇場で、台詞の毒気に酔った思いがあるが、今となってはさすがに、「怪盗乱魔」のそれは、あまりにも時代の雰囲気に乗っかっていたのか、以前ほどのインパクトはない。東京、とりわけ新宿という町の陰気さ、陽気さ、猥雑さ、健全さ、などなど、いっぱいひきづってきたのも、こういう芝居で最後かも知れんなあ。聞けば、新宿歌舞伎町は、「エンタメ」(始めこの言葉を聞いたときはいまさら円を貯めてどうするんや、と思ったが、エンターメントの略だそうだ)センターとして生まれ変わるのだそうだ。歌舞伎町の安ホテルに泊まったとき、朝 4時から 5時のつかの間の静寂が、かえって街の雰囲気があったことも覚えているが、街の様相も相当に変わるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>