1月7日の診療

*正月をすごした子どもたちに「質問」する。「正月、楽しかった?『お』のつくもん、もらったやろ。センセと◯ちゃん、まえからお友だちやろ。お友だちは、困っている時には、助け合わないかんな。昼ごはんの時、お金がなかって、食べられへん時、君にケータイで電話してもいい?」たいていの子はキョトンとしている。(親は子どもの後ろでゲラゲラ笑っている。)「そんなん、絶対にいやや」という拒否的な子どもが少数、「うん、ええよ」と好意的な子どもがさらに少数(笑 写真は、まつぼっくり入り口にある正月用の飾り。

まつぼっくりはボツボツ賑わってきています

まつぼっくりはボツボツ賑わってきています


*今日のメディア逍遥
〽嫋やかなフルート流れヘンデルに昼餉ひるげのあとのしばしの微睡まどろ

*外つ国言の葉の庭
Mi padre hablaba mucho ‘No dejes para mañana lo que puedas hacer hoy.’, pero no puedo lo todavía.
私の父は、「今日、できることを明日に延ばしてはいけない」と言っていましたが、私は今になっても出来ていません。
【簡単な注釈】hablar(話す) の線過去形


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>