7月1日の診療

日本をふたたび「戦争をする国」にしようとする企ての重大決定の日に思う。
「憲法無く国会無きの国は真の国に非ざるなり尊厳鬼神の如き君主と鄙汚蛆虫の如き人民とを以て打成せる一団聚と称す可きなり」(中江兆民「憲法発布に就ての愚哀」)
写真は、帰路で見た水田の中の白鷺。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>