政治は市民が変える

2015年6月2日付の赤旗「若者欄」の¡ Vive el mundo ! (世界に生きる)は、スペインの若者がはじめたSNS(ソーシャルネットワークサービス)が政党結成から議席獲得まで至ったとの話。SNSだけで、世の中変わるとは到底思えないが、若者たちが変革のための強力な「武器」になっていることは確かなようだ。既存の組織も従来の考えだけではやってゆけないことはそれ以上確実である。「民主集中制」がすべて悪いわけではないが、こうした自由な発想を取り入れない限り、硬直さを免れない。それにしても、スペイン共産党はどこに行ってしまったのだろう?
「ポデモス」とは、スペイン語で、助動詞 poder(できる)の一人称複数が主語の場合の変化形、Yes,We Can !という意味である。
日本でも、「安保論戦再現 いいね! フェイスブック 金沢の主婦反響」という動きもある。
out156


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>