護持院原の敵討

森鴎外「護持院原の敵討」(青空文庫図書カード)は封建社会の非人間性を淡々と告発した佳品であるが、後に起こった仇討ち(天保九年(1828)〜弘化三年(1846))と混同されることが多い。後の事件は、松本清張の「天保図録」と吉村昭「敵討」に詳しい。(若干両氏にはニュアンスの違いがあるが…)

吉村昭「敵討」

図は吉村昭「敵討」(新潮文庫)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>