堀辰雄・杜甫詩ノオト(1)

【堀辰雄の漢詩訳】
3月17日の青空文庫は、堀辰雄の幾編かが公開されています。そこで以前触れた堀辰雄の杜甫の詩訳を紹介します。春らしい詩から…

堀辰雄訳

客至
春の頃になると
浣花谿には俄かに水が增してきて
我家の南も北も悉く一ぱいに滿ちてゐる
さうして日日鷗が澤山その水べに集ってくる……
が、ただそれだけだ――
こんな春になっても
他に訪ねてくれる客は無ささうだから
花の咲きみだれた徑は掃除もしてをらなかった
ところが 君がけふ訪ねて下すった
そこでわが蓬門をいま始めて開いた……
もともと市に遠い片田舎だから
午飯を差し上げようにも唯一品
しかし家は貧しうござるが
舊くから醸した酒だけはある
それを御馳走しようとおもふがどうだらう
一つ陪客に隣りの爺を呼ばうではないか
なに 籬を隔ててちょっと聲をかければ
すぐ喜んで來てくれるのだから……

原詩
客至
舍南舍北皆春水,
但見(一作有)群鷗日日來。
花徑不曾緣客掃,
蓬門今始爲君開。
盤飧市遠無兼味,
樽酒家貧只舊醅。
肯與鄰翁相對飮,
隔籬呼取盡餘杯。

読み下し文
客 至る
舍南 舍北 みな 春水,
だ見る(一に昨と有り) 群鷗ぐんおうの  日日にたるを。
花徑 つて  きゃくりてはらはず,
蓬門ほうもん 今 始めて  君がために開く。
盤飧ばんそん いち遠くして  兼味けんみ 無く,
樽酒そんしゅ いへひんにして  只だ舊醅きうはいのみ。
鄰翁りんおうと  ひ對して飮むを がへんずれば,
かきを隔てて 呼び取りて  餘杯よはいつくさしめん。
詩詞世界 から

杜甫草堂博物館

杜甫草堂博物館

底本:木耳社「堀辰雄・杜甫詩ノオト」(1975年12月10日刊)
写真は、「杜甫草堂博物館」(Wikipedia より)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>