萬葉集つれづれ(1)

北山茂夫「萬葉集とその時代」

北山茂夫「萬葉集とその時代」

北山茂夫「萬葉集とその時代」に沿いながら、萬葉集についての徒然…

まず、「万葉集」最大の作品、柿本人麻呂の長歌

高市皇子尊たけちのみこと城上きのへ殯宮あらきのみやの時に、柿本朝臣人麿かきのもとのあそんひとまろの作りし歌一首(199)
かけまくも ゆゆしきかも[一に云ふ、ゆゆしけれども] 言はまくも あやにかしこ 明日香あすか真神まかみの原に ひさかたの 天つ御門みかどを かしこくも 定めたまひて かむさぶと 磐隠いはがくります やすみしし わご大君の きこしめす 背面そともの國の 真木まき立つ 不破山ふはやま越えて 高麗剱 こまつるぎ 和蹔わざみが原の 行宮かりみや天降あもいまして 天の下 治め給ひ[一に云ふ、はらひ給ひて] くにを 定めたまふと とりが鳴く 吾妻あづまの國の 御軍士みいくさを 召し給ひて ちはやぶる 人をやはせと 服従まつろはぬ 國ををさめと[一に云ふ、掃へと] 皇子みこながら け給へば 大御身おほみみ太刀たち取りばし 大御手おほみてに 弓取り持たし 御軍士を あどもひたまひ ととのふる つづみの音は いかづちおとと聞くまで 吹きせる 小角くだの音も[一に云ふ、笛の音は] あた見たる 虎かゆると 諸人もろひとの おびゆるまでに[一に云ふ、聞き惑ふまで] 捧げたる はたなびきは 冬ごもり 春さり来れば ごとに きてある火の[一に云ふ、冬ごもり春野焼く火の] 風のむた なびくがごとく 取り持てる 弓弭ゆはずさわき み雪降る 冬の林に[一に云ふ、木綿の林] 飃風つむじかも い巻き渡ると 思ふまできのかしこく[一に云ふ、諸人の見惑ふまでに] 引き放つ 矢のしげけく 大雪の 亂れてきたれ[一に云ふ、霰なすそちより来れば]服従まつろはず 立ち向ひしも 露霜つゆしもなばぬべく 行く鳥の あらそふはしに[一に云ふ、朝霜の消なば消とふにうつせみと爭ふはしに] 渡會わたらひいつきの宮ゆ 神風かむかぜに い吹きまとはし 天雲あまくもを 日の目も見せず 常闇とこやみおほひ給ひて 定めてし 瑞穂みづほの國を かむながら 太敷きまして やすみしし わご大王おほきみの 天の下 申し給へば 萬代よろづよしかしもあらむと[一に云ふ、かくもあらむと] 木綿花ゆふはなの 榮ゆる時に わご大王 皇子みこ御門みかどを[一に云ふ、さす竹の皇子の御門を] 神宮かむみやよそひまつりて 使はしし 御門の人も 白栲しろたへ麻衣あさごろも 埴安はにやすの 御門の原に あかねさす 日のことごと 鹿ししじもの いひ伏しつつ ぬばたまの ゆふべになれば 大殿おほとのを ふりけ見つつ うづらなす い匍ひもとほり さもらへど さもらひ得ねば 春鳥の さまよひぬれば 嘆きも いまだ過ぎぬに おもひも いまだ盡きねば ことさへく 百濟くだらの原ゆ 神葬かむはぶはぶりいまして 麻裳あさもよし 城上きのへの宮を 常宮とこみやと 高くまつりて 神ながら しづまりましぬ 然れども わご大王の 萬代と 思ほしめして 作らしし 香具山かぐやまの宮 萬代よろづよに 過ぎむと思へや 天の如 ふりけ見つつ 玉襷たまだすき かけてしのはむ かしこかれども

・反歌
*ひさかたのあめ知らしぬる君ゆゑに日月ひつきも知らに恋ひ渡るかも(200)
埴安はにやすの池の堤の隠沼こもりぬの行方を知らに舎人とねりはまとふ(201)

英語訳(リービ英雄訳)
…The sound of the drums,
calling the troops to ready,
boomed like the very voice of thunder,
and the echoing notes
of the signallers’ flutes
grew,to the terror of all,
like the roar of a tiger
with prey in its eyes.

さて、この長歌を叙事詩ととるか、叙情詩ととるか、北山氏の議論は続く。まず、この長歌の哀悼に対象である高市皇子(Wikipedia)であるが、天武天皇の長子、壬申の乱(Wikipedia)では、大きな役割を果たし、その後の天武朝、持統朝でも

(Underconstruction)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>