伊達一男:医師としての森鷗外(1)

森鷗外生家

森鷗外生家

  • はじめに

*今までの森鷗外に関する評論
森鷗外:テエベエ百門の大都
石川淳ー文学作品に限定
長谷川泉、小堀桂一郎
山田弘倫、木下杢太郎、河村敬吉、丸山博、加藤周一、松田道雄:医学方面の研究評論だが部分的

  • 文久二年
1月19日(新暦で2月17日)島根県津和野町で出生

小金井喜美子『不忘記』
その正月十九日に、母産の気つき給ひ、健かなる男の子を生み給ふ。これぞ我が兄君なる。神棚に燈明かがやき、祖母君涙さへ落して喜び給ふ。亡き人(*)の旅の日記にも、初孫の顔見ん事を楽むなど、幾たびか記るい給ひつれば、これやがて祖父君の生まれかはりなど云ひつつ、家の人やうやく愁の眉すこし開きつ。いかで此ちご、よくおふしたててと誰も誰も思ふ。」
*祖父森白仙、文久元年(1861)11月7日、近江国土山にて、脚気衝心のため死亡

*森鷗外「本家分家」(不完全で、一部文字化けするが、縦書PDF

Under construction


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>