浄瑠璃「八百屋お七」から

木の端と誰が片意地な筆ずさみ。それは浮世を捨て坊主。是は煩悩、菩提所の、寺は華麗の大書院、唐戸舞良戸違棚、掃きちぎったる鳥箒塵にまじれど法性の、水は濁らぬ瀧川の戀に小姓の吉三郎、遊びがてらに挽く茶臼、ねぶたからふと人目には、見へて寝もせぬ憂きことに、花の姿も萎れ行。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>