タグ別アーカイブ: タルティーニ

2月6日の診療

*「◯◯ちゃん、なに組さんなの?」「バラ組!」宝塚みたいやね。別の子に、「□□くん、なに組?」「あおい組!」こちらは新選組みたいや(笑)

デイケアでは、またも塗り絵、句を求められたが、「梅に鶯」はちと月並みすぎる。外は小雪降る中で、少し咲いた診療所前の梅の花も凍えていた。

*今日のメディア逍遥
〽忘れ物遅れた電車で聴く曲は「ま、こんなこともある」と癒され

*外つ国言の葉の庭

情勢が流動的なので後ほど…(笑)おまたせ、今日も、FBコメントそのまま…
[Esto y aquello de verbo español(スペイン語動詞あれこれ)34]
¡Buenas noches! Me llamo Don Quixote.Yo no podia hacer un comentario ayer porque volví a casa mucho tarde.(昨日は、帰宅が遅かったので、コメントすることが出来ませんでした。)今日は、ser(estar のもう一つのbe 動詞:〜である)の「線過去」について触れます。人称変化は、実は、ir(go:行く)と同じ形で、かなり不規則な変化をします。fui fuiste fue fuimos fuisteis fueron です。早速、例文です。Señor Xosokawa fue primero ministro y Señor Masuzoe fue ministro de Bienestar y Trabajo.(ほ◯か◯さんは、首相、◯す◯えさんは、厚労大臣でした。[Bienestar:よい存在=福祉、厚生と言う意味です、いい言葉ですね])Ellos fueron a Palacio de Dieta, pero no hacían una política buena.(彼らは国会議事堂へ行きましたが、良い政治はしませんでした。hacían:hacer[do:する]の三人称複数線過去形、「線過去」がいいか自信がありませんが…)では、¡Adios!

6月1日の診察室

*午前中は、ややフォーマルな会議、少し肩がこっていたところに、駅で診療所のスタッフに会って以来、挨拶を交わす人は、皆、「妙齢」の女性ばかり、こいつは縁起がいいとちょっと上機嫌のところで、極めつけは、今日も、デイサービスでの「云十年前には妙齢(笑)」の美女二人、「せんせ、待ってたんやで!」。病児保育「まつぼっくり」で、平均年齢を「中和」しようと思ったが、今日は、利用児はゼロという結末だった。

おまっとうさん、今日もきたで!

おまっとうさん、今日もきたで!


*今日のメディア逍遥

今日は、そんなに「落ち込んでいない」が(笑)、短調曲の、タルティー二「悪魔のトリル」。夢の中で聴いたのがこの曲という(クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~)が、誰かさんのけたたましいだけで、聞くに堪えない「不協和音」と違って、あくまで甘美で少し官能的(笑)

8月10日の診療など

*夏休みなので、子どもたちに甲状腺エコーのモデルになってもらった(写真)。「夏休みにしっかり勉強して、2学期は、『あんたの成績、こうじょうせん』、やったらあかんよ!」と言うと、その「シャレ」が分かるまで約3秒(笑)。

甲状腺エコー

甲状腺エコー


*今日のLong Tube

有名なタルティーニの「悪魔のトリル」を含むバイオリンソナタ集、なんだかメランコリックになってきた(笑)。