タグ別アーカイブ: マラン・マレー

4月25日の診療

*診察前にYさんと一緒に診療所前のベンチに座っていた。朝の冷え込みも和らぎ、ポカポカと良い気持ちだった。写真を撮る段になって、私の代わりにミレーの小バックをYさんの横に…なんだか「ゴドーを待ちながら」の雰囲気。「じゃ、行こうか?」「ああ」(と動かない)(笑)

英語版では

ESTRAGON:
Well, shall we go?
VLADIMIR:
Yes, let’s go.
They do not move.

ゴドーは未だ来ない!

ゴドーは未だ来ない!


*今日のメディア逍遥
〽学童を照らす陽の光木の間には陰移ろいて古楽の調べ


5月14日の診察室

*年齢別の患者数と、その受診内容を、確認してみた。今日の外来では、高齢者の慢性疾患と、小児期の急性疾患、小児期の予防接種が、それぞれ三分の一づつの割合だった。その中で、小児の急性疾患、顔面を中心とする一部水疱を伴う丘疹、さてなんだろう(写真)?昨年7月に典型的な水痘(水ぼうそう)はしているし、口腔内所見なく、手足口病でもなさそうだし…「単純性疱疹」として、病児保育「まつぼっくり」に入室となった。

単純性疱疹かな?

単純性疱疹かな?


*今日のメディア逍遥

マラン・マレー(Wikipedia)のビオラなどの曲集。冒頭の曲が、何弾目かの「フォリア・バリエーション」、低音の哀愁が心に響く。フランス産だけあって、ラシーヌの悲劇に似合いそうな…