タグ別アーカイブ: ロタウィルス性腸炎

12月24日の診療

*12月に未来院のNさん、今日は時間を作って来診。ちょっと耳が遠くなってきたが、ま、意気軒昂。「せんせ、もお、忙しうて、忙しうて、年末、体を動かさなあかんので、点滴たのんっまっさ」うーん、そういう点滴もアリかな(笑)病児保育「まつぼっくり」では、相変わらずロタウィルス性腸炎が流行っている。(写真)


*今日のメディア逍遥
〽クリスマス似つかわしい曲じゃないけれどキリエ・エレイソン清冽な声


5月24日の診察室

*地元自治会の下校時パトロールがあったので、午前中の外来が終わるとすぐに、引き返す。またそれが済むと、診療所へと戻るといった強行軍だった。夜間診療の時間には、なんとか間に合ってよかった。写真は、小学生の下校の迎え、帰宅途中まで付いていったが、途中の公園で道草をする子、それを「いやあ、あかんのに!」と「揶揄」し、はやし立てる子、道の草むらに潜んで、あとから来る子を「待ち伏せ」する子など様々。

パトロール隊は、みんな孫を連れ立っているような…

パトロール隊は、みんな孫を連れ立っているような…

今日は、午前中2人、夜診2人と、ロタウィルス性(ないし、アデノウイルス性)腸炎の子どもが目立った。うち、1人は小学生ながら、主に嘔吐で、しんどそうで、点滴した。明日は。病児保育「まつぼっくり」を利用予定。

*今日のメディア逍遥

以前、夭折したチェンバロ奏者スコット・ロス(Wikipedia)演奏でスカルラッティのソナタを聴いたことがあるが、ラモーのこの曲集も絶品、端正な演奏は、なんだか、自らの心に語りかけているようだ。

3月19日の診察室

*昨日の「無熱性けいれん」のA君は、病児保育「まつぼっくり」で、その後けいれんの再燃もなく、ぐっすりお昼寝。昨日は、嘔吐、下痢があり迅速検査でロタウィルス陽性だったので、ロタウィルス性腸炎に伴う、「無熱性けいれん」と思われる。(日本小児神経学会質問コーナー)随分昔、以前の病院で複数例経験した。ウィルスによる中枢神経系への直接の侵襲か、脱水などの電解質異常によるものなのか、けいれんの直接の原因は良く分かっていないらしい。Nelson のテキストでは、なぜか記載がない。いずれにしても、予後の良いけいれんなので、経過観察で可とおもわれる。デイケアでは、みなで、演歌に合わせての踊りの鑑賞。

デイケアでの日本舞踊

デイケアでの日本舞踊


*今日のメディア逍遥

ちょっと珍しいので、ビバルディのチェンバロ曲。演歌での踊りを見て聴いたあとでは、なぜかビバルディも演歌っぽい(笑)