タグ別アーカイブ: 予防接種

4月26日の診療

*今日は、外来終了後に久しぶりにセミナー受講(写真)、講演Ⅰは、「新規ワクチンの導入にどう対応するか―子どもと家族に寄り添う接種医の立場で―」、講演Ⅱは「ロタウィルス感染症:予防の重要性とワクチンのインパクト」、二つとも実際的で有益な講演であった。前者では、診療所でのワクチン接種の開始や間隔など細かいことを手直しする必要がありそうだ。後者は、ウィルス学からのロタウィルスの特性や脳炎・脳症などの看過できない合併症の話が聞けた。また、講演後質問したが、ロタウィルスによる無熱性けいれんは、どうやら日本特有のものではなく、脳炎・脳症との関連は薄そうだ。

大阪小児科医会予防接種セミナー

大阪小児科医会予防接種セミナー


*今日のメディア逍遥
〽シングルのたつきの路はなお険し子どもの貧困連鎖を断ち切れ
ひとり親家庭

ひとり親家庭

FB投稿より:私たちが考えている以上に、なかなか現状は深刻です。以前、私たちの病児保育で「ひとり親」の割合を調べたところ、約3割にものぼりました。このように、病児保育は、親の就労支援の大きな柱として位置づけられるべきです。ただ、本書では、病児保育は「派遣型」の民間企業の活動として評価されているのは残念なことです。公的な支援策として、まず「拠点型」のハード・ソフト両方の拡張を図る必要があると思います。阿部彩さんの同岩波新書「子どもの貧困 Ⅰ、Ⅱ」の提起するのとあわせて、子どもの貧困の連鎖を断ち切るためにも、向き合わなければならない課題でしょう。

4月2日の診察室

*新年度になったせいか、ワクチンデビューの子どもが目に付く。まっさらな母子手帳に、「落書き」するのも気が引けるので、小さく切ったタグシートの紙を貼っつけることにしている。これだと、個々のワクチンが済んだら、ひっはがすことができる(写真)。

予防接種タグシート

予防接種タグシート


*今日のメディア逍遥

モーツァルトのバイオリンとビオラの協奏交響曲KV360。バイオリンの旋律を追いかけるようなビオラの響き!いいね。「ベルバラ」(ベルサイユのばら)でのオスカルとアンドレイの掛け合いにピッタリな…うまく選曲したものだ。

10月26日の診療など

*予防接種に来診した妹の「付き添い」でやってきたG君に、「いもうとが注射するのはかわいそうやろ、お兄ちゃんに代わりに打とか?」と聞くと、よっほど妹思いなんだろう、「うん」と涙をこらえてうなづいた。「うそだよ!注射とおしっこは代わりにはできないもんな」(笑)
*その予防接種のスケジュールがなかなかに複雑になっている。分かりやすいように、特に乳児期前半の部分の校正を頼まれ、医療生協の機関紙に載せた(写真)が、まだ、これでも難しいかな?

予防接種のスケジュール

予防接種のスケジュール


*今日のLong Tube Media

昼食時に、モーツァルトのピアノ・ソナタ第11番の変奏曲短調部分を聞いていて、ちょっと物悲しくなった。そこで気分を変えて、3台のピアノのための協奏曲。原曲は、J.C.バッハによるもの。演奏家はちょっと不明、http://www.mozart-archiv.de/ からのフリーMP3だろうか?モーツァルトとチェンバロの組み合わせもよく似合い、なかなか落ち着いた演奏だとおもう。


9月23日のオフ

*チータさんの誕生日だったのでナオチーともども来宅。8月に、二人には、おたふくかぜ、水ぼうそうのワクチンを打ったので、これで完璧かな?9月から、不活化ポリオワクチンが開始されたので、乳児前半は、なかなかワクチン日程が忙しい。名古屋北医療生協の近藤先生が、本日9月23日付けの赤旗日曜版に丁寧な解説をしておられる(写真)。ポリオ不活化ワクチンは、そんなに急がなくても可、同時接種可能なワクチンは、同時接種すべき、三種混合(DPT)ワクチンは、少なくとも髄膜炎ワクチンと同じく開始時期を生後2ヶ月にすべき、民医連小児科も要求しているように、BCG接種の接種年齢を2才まで延長してほしいなどというのが、当方の見解である。そうすると、だいぶスケジュールに余裕が出てくるのだが…

予防接種・変わる日程

予防接種・変わる日程

*今日のLong Tube Media
シゲティの無伴奏バイオリン・ソナタ(BWV1001)とパルティータ(BWV1002)。ともにト短調とロ短調なので、哀愁ある旋律。しかも、シゲティは原曲の繰り返しを忠実に再現しているので、たっぷり楽しめる。