タグ別アーカイブ: 加藤周一

和辻哲郎「日本精神史研究」

柄になく、和辻哲郎の「日本精神史研究」なる本を読んだ。
51+JNy2RggL._SX345_BO1,204,203,200_
本体というより、加藤周一の解説を読みたかったからだ。加藤周一の「日本文学史序説」には直接には、和辻哲郎への言及はない。政治思想的には反対の極に立つ和辻をどう評価するのか、少し興味がある。解説の最後に、加藤周一は書く。

『日本精神史研究』の改訂が、時代の変化、すなわち「大正デモクラシー」の自由主義から超国家主義的風潮への知的雰囲気の推移を反映していることを指摘し、それにもかかわらず改訂『日本精神史研究』の本文が、大すじにおいて見事な「作品」であり、それを見事な「作品」として成り立たせたのが。著者の意思と能力ばかりではなく、また二十年代日本の時代であったことを指摘すれば足りる。私は二・二六事件以後の日本政府にも、その日本政府の立場に近づいた和辻の著作にも賛成しない。しかし今日読みかえしてみて、『日本精神史研究」を愉しむのである。

機会あれば、その「大正デモクラシー」が「大政翼賛」へ傾斜していったのか?和辻のみならず、もうすこし人物をひろげて観てみたいと思う。
追加として加藤周一のことばをもう少し引いておく・

話を民主主義の問題にかえせば、私は戦争から戦後にかけての大衆の意識の上に、自発的な前進、したがってもとへは戻りようのない変化があるといった。しかしその大衆は、おそらく「万葉集」の時代から一貫して発展してきた精神的構造によって支えられているのであり、まさにその意味で日本の大衆なのである。大衆の中にある持続的なものとは、その精神的構造に他ならない。どういう民主主義ができるか、またそれがどこまで発展するかということは、長い見通しとしてそのことにかかわってくるだろう。

「日本人とは何か」現代日本の文明史的位置

結果的には「大正デモクラシー」を実質化できなかった和辻の立ち位置との対極がそこにはある。


日本人と漢詩(9)—石川丈山(続々々)と大窪詩仏

七行絶句三行草書「残雪不消猶待伴」丈山先生の詩仙堂に題を寄す 先生歿して百五十年
朱門しゅもん興廃こうはい 一枰棋いちへいき
草堂 ときつくくしても ざること
百五十年 昨日さくじつごと
光風こうふう霽月さいげつ もと書帷しょい

当ブログで一度書いたので重複は避ける。一休や富永仲基の「噺」の方が書評に触れられることが多いが、丈山の「亡霊」らしい老人と著者らしい私との対話で構成されるこの「噺」も面白い。
「どれほど偉大な歴史的事業も、晩年の丈山にとっては、懶性蕭散に任じた詩仙堂の春の一日に若かなかったろう。その一日を犠牲にすれば、歴史を変える事業に参画できたかもしれない。しかしその一日こそかけ換えのないものであった。」
最後に加藤周一は、丈山から150年を経た江戸時代後期の詩人大窪詩仏の上記の七絶を引く。

「一五〇年を三〇〇年とすれば、これはまた私の感懐でもあるだろう。ただ私の謭劣非才、遠く詩仏に及ばず、詩仙堂に遊んで一首の七絶も得ることもできないだけである。」

加藤周一ですらこうならば、詩仏の名さえわきまえない後学の徒である当方など赤面の至りである。栄華盛衰は、一瞬の勝負事。草堂にも容赦なく年月の推移が加わってゆく。朱門は、富貴な家。枰棋は、将棋盤、碁盤。長い年月も昨日の夢。晴れた空の風と夜の月は書斎のとばりに吹き付け降り注ぐ。

*大窪詩仏(Wikipedia


学生時代のある演説会を思い出しました…

学生時代、そんなに確固たる政治的な定見が持てなかった時代、たまたま参加した演劇サークルで、「時代の風潮に対して、きっぱりと言い切ることとは?」といったテーマで芝居作りに打ち込んでいました。周囲では、「大学民主化」、「大学解体」、「ベトナム反戦」などのいろんな「党派」のスローガンに騒然としていた時代で、クラス討論や学生大会では「きっぱりと言い切る」ことに躊躇していたそんな毎日でした。宮本顕治さんの話を生で聞いたのは、ちょうどそんな折で、その政治的な演説会では、国の行く末に関して、「きっぱりと言い切」り、かくも明快な展望を持った政治家をはじめてまじかに見た思いがしました。

続きを読む