タグ別アーカイブ: 原民喜

原民喜のこと(2)

以前の原民喜に関する投稿の続きです。(2004年12月2日の日付があります。)

原民喜写真

2年前の夏から、青空文庫原民喜プロジェクトが始まっている。「夏の花」を除き、いままでほとんど未読なのは、不明を恥じるばかりだが、機会あって、鎮魂歌などを読んでみた。妻を亡くしてからの残りの人生で、傷つきやすい彼の心に、「原爆」という残忍な事実がさらにのしかかった時期の、『鎮魂歌(レクイエム)』という名の通り、全編祈りの詩的言葉である。彼は、ふりしぼる声で、

 僕をつらぬくものは僕をつらぬけ。僕をつらぬくものは僕をつらぬけ。一つの嘆きよ、僕をつらぬけ。無数の嘆きよ、僕をつらぬけ。僕はここにゐる。僕はこちら側にゐる。僕はここにゐない。僕は向側にゐる。僕は僕の嘆きを生きる。

と書いている。嘆きを引き受けようと決意した時には、民喜の前には、亡妻やヒロシマの死者たちへと通じる道しか見えなかったのかも知れない。川西政明氏は、『小説の終焉』で、原爆の文学は終わったと小説の歴史を振り返る視点で書いているが、こうして、原民喜のなげかけた嘆きに対する読み手の回答は終わっていない。

 明日、太陽は再びのぼり花々は地に咲きあふれ、明日、小鳥たちは晴れやかに囀るだらう。地よ、地よ、つねに美しく感動に満ちあふれよ。明日、僕は感動をもつてそこを通りすぎるだらう。

この世に、神がましますなら、その神が愚かな人類への精一杯の慈愛で、民喜をしてこう書かしめたのだろう。そして、その神は、しばらくして『鎮魂歌(レクイエム)』を歌い終えた民喜を静かに召されたのでもあった。

原民喜のこと

Facebook で原民喜のことが、話題になっているので、以前書いた文章を引っ張り出した。2005年10月3日の日付がある。(語句を若干訂正した。)
大原美術館広島で原爆被災後の翌年、1946年に、原民喜は、東京に出て、「三田文学」などを舞台に文学活動を続けた。この時期、「夏の花」三部作などで、被爆体験の形象化に努めたが、心安らぐ日々ではなかったようだ。被爆から 5年、ようやく彼は原点と言うべき広島の地を訪れる決心をする。「氷花」では、東京の生活苦から逃れるニュアンスで書くが、死後発表になった「永遠のみどり」では、日本ペンクラブ廣島の会主催の平和講演会で話すためとあるので、なにか再生のきっかけを求めていたのかも知れない。

それはもう霜を含んだ空気がすぐ枕頭の窓硝子に迫つてゐたからであらうか、朝の固い寝床で、彼は何か心をかきむしられる郷愁につき落されてゐた。人の世を離れたところにある、高原の澄みきつた空や、その空に見える雪の峰が頻りと想像されるのだつた。すると、昔みたセガンテイニの絵がふと思ひ出された。あの絵ならたしか倉敷に行けば見られるはずだつた。

セガンティーニ「アルプスの昼間」(大原美術館サイトより)原民喜は、広島へ行く途中に、倉敷の大原美術館(上写真)に寄っている。実は、当方も、10月1、2日に岡山で、ある研究会があり、そのついでに倉敷まで足を伸ばしてみた。青空文庫収録作家でいえば、小出楢重、岸田劉生、藤島武二、また、モネやゴーギャンなどの絵の前では、久しぶりにゆったりした時間をすごすことができたが、残念ながら、彼の見たセガンティーニの「アルプスの真昼」(右写真)は、ちょうど宮城県の美術館に貸し出し中ということで「不在」であった。セガンティーニは、アルプスの澄み切った空と輝くばかりの草原を丹念に描く。人物や動物たちも清浄な光景に溶け込んでいるようだ。夢にまで見た故郷の風景にも似たセガンティーニの絵は、大きな悲しみを抱いて広島に向かう原民喜にしばしの慰めをあたえたのだろうか、そっと彼を見送ったような気がする。

続きを読む


夏の野に幻の破片きらめけり

今日は、青空文庫からの引用だけに留めます。

 原子爆弾 即興ニスギズ

夏の野に幻の破片きらめけり

短夜を倒れし山河叫び合ふ

炎の樹雷雨の空に舞ひ上る

日の暑さ死臭に満てる百日紅

重傷者来て飲む清水生温く

梯子にゐる屍もあり雲の峰

水をのみ死にゆく少女蝉の声

人の肩に爪立てて死す夏の月

魂呆けて川にかがめり月見草

廃虚すぎて蜻蛉の群を眺めやる

原民喜 青空文庫作家ノート ウィキペディア

上記青空文庫には、原民喜の原爆をテーマにした作品が公開されています。また、峠三吉の「原爆詩集」も忘れられない作品です。62年目のヒロシマ原爆忌、合掌…