タグ別アーカイブ: 手足口病

7月18日の診察室

*手足口病の経過中に、手の膜様落屑が出てきたT君、お兄ちゃんが溶連菌感染症だったので、伝染したのかな?とりあえず今日からペニシリンG剤を投与した。デイサービスでは、Sさんがまた塗り絵、子ども時代の遊びを思い出されたのかな?

子供らは何して遊んでいるのかな?

子供らは何して遊んでいるのかな?


*今日のメディア逍遥
政治を変えるのは私たち一人一人の力です

政治を変えるのは私たち一人一人の力です


・キスカからシベリアまでの捕囚行亡父の懐いも票に託さん

政党の「檄文」は好まぬと言いながら、ずいぶんそれに近い投稿が続いたような気がする。ここは、もう一つの「例外」を許容ねがいたい。なぜなら、書かれている内容が、一政党の帰趨に留まらず、私たちの世代のみならず、親や祖父母にもまたがり、私たちが全体として抱えている問題と思うからである。K病院日本共産党後援会長の一文を読んで、私は、亡父のことを思い出した。「奇跡」のキスカ島からの生還から、すぐに再招集され、シベリア抑留から、私の産まれる前年まで祖国に帰還することはできなかった。その、厳しい経験から、「赤」ぎらいになり、学生時代からの私の「政治活動」には、決して良い顔はしてはもらえなかった。脳梗塞で父が倒れてからも、選挙には付き添いでは行ったが、積極的には「政治」の話はしなかった。ある選挙の時、立会人の差し出す名簿に震える手で、日本共産党の候補者を指さす光景を見た。もちろん息子への「義理立て」もあったことだろう。今となっては聞くすべもないが、父は父なりに、みずからの戦争での体験を踏まえて、後に続く世代に、その「選択」をした、託したのだと信じている。私も、後続する世代が一つ増えるような年齢になった。7月21日には、今まで以上に悔いのない「選択」をしたいと心に言い聞かせている。

7月6日の診察室

*午前中、自治会の防犯防災関係の幹事らが集まって、意見交換会。今秋に防災訓練に取り組むことが、ようやく本決まりになった。今年の手足口病、手足の発疹の程度がきつく、一部膿胞形成したり(写真)、水疱内に小出血があることが見られるようだ。

右第2指に2ミリ大の小膿疱

右第2指に2ミリ大の小膿疱


*今日のメディア逍遥

・友ちゃんのキャラクター生かしたユーチューブすっぴんの顔もまた美しき

福島県で、まだいわぶちさんと遭遇したことがない。画面から見ると本当にステキな女性であることがわかる、ガンバレ!いわぶち友!

6月10日の診察室

*もうすっかり、夏のタイプの感染症が占めるようになっている。ロタウィルス性腸炎も、6月に入り経験していない。本来軽く隔離不要の「手足口病」も、時として、数日間、高熱が続くこともあるようだ。(写真)

手と足に小さな水疱疹、その他に口腔内にアフタあり

手と足に小さな水疱疹、その他に口腔内にアフタあり


*今日のメディア逍遥

クレメンティ(Wikipedia)のロ短調ピアノ・ソナタ、同時代のモーツァルトなどとは違った趣があるようだ。

・靜やかに流れるピアノロ短調昂ぶる想いも今はただ夢