タグ別アーカイブ: 日本共産党

7月20日の診療とその後

*昨日、今日と手足口病など、病児保育「まつぼっくり」は夏型のウィルス感染でいっぱい。ウィルス感染といえども、熱が思いの外、続くことが多いようだ。治療は、「じっとガマンの子」で対症療法が中心ではあるが…診療が終わってからは、地域での選挙の最後の訴え、「比例区は日本共産党、大阪選挙区は、たつみ、たつみコータロー!」とメガホンを使って声を出してきた。当方は、話題の日本共産党カクサン部のTシャツを着たが、「似合っている」との評判。これで、小池晃さん並みになれたかな(笑)(写真アルバム)まさか、これを着て明日の投票会場での「立会人」には行けないだろうな。


*今日のメディア逍遥

・弁舌にすかさず同意の声挙がる旋律伴奏ともにブレなし

ちょっと、「臭い」かな?(笑)

7月16日の旅路と診察室

*今日は、月1回の福島行。今回を入れるとあと3回になった。当地は、最高気温30度くらいで、大阪の猛暑に比べると、ずいぶん楽。診療が終わってから、駅前で、日本共産党いわぶち友さん、紙智子さん、志位委員長(演説順)の街頭演説会、志位委員長の熱弁はさることながら、紙智子さんの「北の大地に生まれた知性あふれる姿」やいわぶち友さんの八重にも似た「会津女性の芯の強さ」を感じさせていただいた。(写真)

福島駅前日本共産党演説会

福島駅前日本共産党演説会


*今日のメディア逍遥
Dulles N. MANPYOさん(@iDulles)の 2013年7月15日 – 4:31amのツイート
@kotarotatsumi ✍ 我が国に留学した次代の方が、立場と政見が真逆の共産党からの大阪選挙区。それだけでも手強いなと念います。アメリカの保守政治家の一人として、立場と政見は違いますが、どうぞ勝利をとおもいます。

気骨ある米国保守政治家もあるものだ。


7月14日のオフ(7月15日追加)

*地元の演説会(写真)での応援演説、時間が余るかと思ったが、後から福島のFB友からのメールなど追加したので、逆に足らなくなってしまった。最後の「締め」はシドロモドロに…あまり、出来の良いものではないが、投稿の最後に載せておく。

元小学校教師から、子どもの実態など報告

元小学校教師から、子どもの実態など報告

演説会後に難波に志位委員長の演説会に参加、すごい人出だった。明日からまた福島、聞けば、夕方に福島駅前で志位委員長の街頭演説があるとのこと、福島も「燃えている」だろう。

*今日のメディア逍遥

・希望とは誠実を刻むことふとアラゴンの詩にも比べる

アラゴンの詩は語句が少し違い、 このサイト(http://www.geocities.jp/oshimahakkou/nenpu/kishorapa.html) にある。

もともと考えていた応援演説

続きを読む


難波での演説会に行ってきました…

 

難波での演説会「時代の風潮にきっぱりと言い切る」という姿勢が今こそ大事であると思っています。でも本当にこうした志を持った政治家は、残念ながらきわめて少なくなってきました。梅雨明けの午後、9条 Tシャツを着て、その名誉ある例外の一つ、日本共産党の難波での街頭演説会を聞いてきました。宮本顕治さんの追悼文の引用にない部分で、加藤周一さんは、演説動画「(宮本さんは)例外中の例外」と書かれたのを受け、いつまでも例外に甘んじるわけではないでしょうが、少なくとも、憲法9条を守り、それを生かした自由で闊達な社会のため、心ある人々を誰一人として例外にすることなく、対話を進めてほしい、そんな勢力になってほしいと心から願っています。というわけで、今日は、いつもの口調とは違う、やや例外的なブログ記事としました。(左下写真は、Avi 動画へのリンクです。)

続きを読む