タグ別アーカイブ: 松田道雄

松田道雄:結核をなくすために

松田道雄先生の本を書棚の奥から取り出して改めて読んだのは、祇園まつりに触れたふる里の思い出がきっかけでした。

京都には、町医者の良き伝統があったらしく、子ども時代には、幾人かの「名医」に診てもらったと母から聞かされたことがあります。後に京都市長になった富井清先生は、眼科医、学校でトラコーマの疑いがあると言われて診察を受けました。先生が同じ医学部と知ったのは、当方が卒業してからです。連れ合いは、小児科医の松田道雄先生の診療所に通っていたといいます。その松田先生は、まだ結核が国民病と言われた時代、1949年に、この本、「結核をなくすために」という岩波新書の一冊を書かれていますが、60年近く経った今読んでも、先生の言葉がなんと瑞々みずみずしいことか!

 どんな軽い病気でも、その前の病人よりも上手になおしてみせようとする医者にとっては「ありふれた」病気というのはありません。たくさんの病人をみたことのある医者が名医なのではありません。千度みた病気にも、はじめてみる病気にも、同じ注意と警戒とを忘れない医者が名医なのです。ひとりひとりの病人にむかって、探求、比量、試行、批判へのやむことのない努力が、医者を「まじない師」や精神療法家から区別します。今日の医学が享受する高さのあるものは、日々の診療のなかに科学者であることをやめなかった医者の創意におうものです。

続きを読む