タグ別アーカイブ: 江馬細香

暗香枕に和す、合歓の花

木下杢太郎画「新編百花譜百選」

木下杢太郎「合歓の花」
去年は庭先に合歓の木があり、今頃には花をつけていましたが、今年はどうも枯れてしまったようです。そこで、江馬細香の合歓の花の漢詩と、木下杢太郎画「新編百花譜百選」より、1943年7月30日のスケッチを掲載しておきます。

 

 夏の夜
雨晴れて 庭の上には 竹そよぐ風多し
新しき月は眉の如く ほのかなる影は斜めなり
深夜 涼しきをむさぼりて 窓をおほはず
なやましき香 枕に和す 合歓めむの花

芭蕉の「象潟や雨に西施が合歓ねぶの花」でもそうですが、細香の詩からも、合歓という字には、やや艶かしい響きがあるようですね。また、決して明るい世情ではなかった時代に、杢太郎はどんな思いで合歓の花をスケッチしたのでしょうね。そんな事を思ってみました。


晩風 梔子香る…


 江馬細香詩集『湘夢遺稿』 (下)  ゲット価:1300円

先日、梔子くちなしを題材にした詩歌が少ないと書きましたが、江馬細香の漢詩からその少数の例を挙げておきます。

 閑居雜題 閑居雑題かんきょざつだい

浴罷籬頭立 浴しおわりて  籬頭りとうに立つ
晩風梔子香 晩風 梔子しし 香る
夏花宜雪白 夏花 雪白 宜し
中有自然涼 うちに 自然のりょう有り

英語版 Wikipedia から、六弁のクチナシ短い五言絶句の中に、細香らしい平易でいて、しかも爽やかな表現ですね。後藤松陰の評に、「水梔か、大梔か、消夏の妙境なり」とありますが、水梔はコクチナシ、大梔は、八重咲きのクチナシと思われます。したがって、先日の写真は、大梔なのでしょうかね。(今日の写真は、英語版 Wikipedia から、六弁のクチナシです。

 


爺は歳八十、眼に霧なし…

日本ペンクラブのサイトに、電子文藝館という、小説やエッセーが載っているページがあります。なにげなく、ながめていたら、次のような漢詩が目につきました。(詠う季節が、ちょっとチグハグなのはご容赦ください。)

 冬夜    冬夜とうや

爺繙欧蘭書  ちちひもとく 欧蘭おうらんの書
児読唐宋句  は読む 唐宋の句
分此一灯光  此の一灯の光を分かちて
源流各自泝  源流 各々 みづかさかのぼ
爺読不知休  爺は読みて むことを知らず
児倦思栗芋  みて 栗芋りつうを思ふ
堪愧精神不及爺  づるにふ 精神 爺に及ばず
爺歳八十眼無霧  爺は歳八十 眼に霧なし

 一九世紀のはじめ頃、美濃の一隅で、一つのランプの光を分けあって、それぞれの勉学にはげむ父と娘。疲れて、ふとおやつがほしくなる娘、しかし、一向に疲れを知らぬ父の姿に畏敬の念を感じて恥じる。

電子文藝館:門玲子「江戸女流文学に魅せられて」

続きを読む