タグ別アーカイブ: 金時鐘

なぜ書き続けたか、なぜ沈黙してきたか、「4.3事件を問い続ける」

out154
5月31日づけ、赤旗読書欄「背表紙」より

先日、「上方芸能・文化を愛する会」というFBグループに以下の投稿をした。
もうすぐ、済州島4.3事件の日がやってくる。以前、紹介した、在日の詩人・金自鐘(キムシジョン)さんの自伝「朝鮮と日本に生きるー済州島から猪飼野 へ」の書評が、赤旗2015年3月29日に載っていたので紹介。その前の3月23日づけの文化欄には、金時鐘さんのインタビュー記事が載っていたので合わ せて…前述もしたが「在日」の意味を繰り返して問いかけることにより、「上方文化」はその陰影を深めながら豊かになってゆく。また今も済州島では、海軍基地建設の問題で、住民の思いは複雑なようだ。


簡単解説・済州島の海軍基地建設問題
紹介の本のなかでは、金石範氏は金時鐘氏への評価として「抒情を超えた、肉体としての言語の力…感傷を排除しても、抒情はいくらでもできる」と述べている。また金時鐘氏は、「事実というのは個人にとって圧倒するものであっても、それは球面体の一点のシミみたいなものだと思う。真上からはそのシミが大写しになってすべてのようであるけど、角度がずれると見えないものである。だから事実が真実として存在するためには、その事実が想像力のなかで再生産されなくてはならない。それが客体化された事実、つまり文学なんだ。」と説く。詩的な感受性の全くない私でも何となく分かる気がする。
日本帝国主義の負の遺産をまるごとひきづりながら、戦後直後米ソのはざまでその取引材料にされた朝鮮半島、こうした大状況ー客体化された事実ーを考えなおすのはまた別の課題である。

 


5月11日のオフ

*今日は、母の日、二人共「亡母」になってしまっているので、仏壇に二輪のカーネーションを飾り、「正信偈」の読経…

掛け軸の前のカーネーション

掛け軸の前のカーネーション

*最近のFBコメントより

2014年5月6日
*いにしへの しずのおだまき 繰り返し むかしを今に なすよしもがな」(古今集)苧環(おだまき)は、もともとは、麻などを中を空洞にして球状に巻いたものだそうです。ああ、帰らぬ昔!(笑)
https://www.facebook.com/yumi.amano.52/posts/588048211310608

2014年5月7日
*うちの庭で鉢植えで咲いていたヒメシャガです。少しこぶりで、シャガと種類は違うという説もありますが、こうしてみると同種ですね。

https://www.facebook.com/yumi.amano.52/posts/588832117898884

*唐の女流詩人、薛濤の詩です。
http://www.rinku.zaq.ne.jp/・・・/KanshiNo3/kanshi42.html

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=245596828979367&id=100005871543455

2014年5月8日
*私も観ました。当時、済州島で朝鮮労働党員として活動し、事件後日本に逃れ、大阪に住む事になった一人に、詩人の金時鐘さんがいます。後に書いた詩を紹介しています。

http://blog.nishinari.coop/?p=4045

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=299586776872471&set=a.126200830877734.29201.100004634531360&type=1

2014年5月10日
*ちょっと値段は張るかもしれませんが、福島駅東口徒歩7分程度のスペイン料理の「アロス」(arroz スペイン語で”米”の意味)がお勧めです。場所は、小児科の「送別会」をしていただいたので、小児科の看護師さんなら知っているはずです。http://blattotv.com/mt/shop/detail/id177.php
*場所は、H先生は方向◯◯◯だと思いますので(笑)K先生にお聞きください。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=634066070003309&id=100001997661120
2014年5月11日
*薛濤は中唐の詩人でしたね。唐の時代まで「柳絮」には哀感の意があったのでしょうね。「大唐帝国の女性たち」(高世瑜著・岩波書店)に、薛濤の「春望詞」四首が載っていますので紹介します。なかなか面白い本です。途中までしか読んでいませんが、読了したら贈呈しますがいかがですか?
(一)
花開不同賞 花けどともでられず
花落不同悲 花れど同に悲しめず
欲問相思処 相思処こいするところを問わんとれば
花開花落時 花開き花落る時と

(二)
檻草結同心 草をいて 同心を結び
将以遺知音 まさに以って知音ともおくらんとす
春愁正断絶 春愁 正に断絶し
春鳥復哀吟 春鳥 た 哀吟す

(三)
風花日将老 風花 日にまさに老いんとし
佳期猶渺渺 佳期けっこんのひ 猶ほ渺渺びょうびょうたり
不結同心人 同心の人と むすばれず
空結同心草 空しく同心の草を結ぶ

(四)
那堪花満枝 んぞえん 花 枝に満ちて
翻作両相思 かえって作す両相思こいごころ
玉箸垂朝鏡 玉箸なみだ 朝の鏡に垂れるを
春風知不知 春風は知るや知らずや

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=245596828979367&id=100005871543455