タグ別アーカイブ: 雛人形

3月3日のオフ

*午前中、今年度と新年度の地元自治会の役員引き継ぎ。細かい連絡事項はけっこうあるが、次期自治会長のAさんの「まあ、楽しくやりましょう」と一言で、ずいぶん気が楽になる(写真1)。桃の節供は、チータさん、ナオチー、ミノリンが正月以来、三人が揃った(写真2、3)。男雛と女雛の置き方は、地方によって違うようだ(男雛と女雛(内裏雛)の左右の配置)。当家では、ずっと「京都式」である。


*今日のメディア逍遥


高校時代だったか、大学に入った頃か、ラジオでメアリー・ホプキンの「悲しき天使」をよく聴いていた。もともとロシアの歌【ДОРОГОЙ ДЛИННОЮ(長い道)】だったのだ。


『悲しき天使』 (“Those were the Days”) 日本語訳詞
ロシア語原詞


ある病棟に雛壇が飾られていました…

ある病棟の雛壇 今日は、2月3日、節分の日でしたね。家族も少なくなり、豆を申し訳程度に、庭に撒いただけになりました。
 日中に、雪も止んだので、ある病棟に見舞いに行くと、その談話室に、雛壇が飾ってありました。もう、雛飾りを出す季節なのですね。我が家では、飾る時期が、一ヶ月くらいずれてしまうので、誰かさんの婚期が遅れるという噂もちらほら…
 病棟には、ボランティアの方が、飾られたのでしょう。あまり見事なので、写真を撮りました。京都では、雄雛が、向かって右、雌雛が左になるとは、母の意見でした。