タグ別アーカイブ: gimp

9月9日のオフ

*「西成医療生協」時代から恒例の、9月9日9時9分の聖天さんの鐘つき。今年もまだ暑いなか、きづがわ医療生協の組合員さんが、「憲法9条を守れ!」の願いを込めて行った。

9月9日9時9分の聖天さんの鐘つき

9月9日9時9分の聖天さんの鐘つき

その他の写真は、Facebookにて。

*その時に、あるブログが8月中旬の落雷の停電以来、閲覧できないと言われ、久しぶりにサーバの「修理」。データベースが立ち上がっていなかったのだが、「再稼働」させても、エラーの連続(泣)。詳細は避けるが、結局、ある一つのファイルを削除することにより、あっけなく修復。サーバというのは、案外、単純な要素で成り立っているのだと、改めて実感した次第。
*今日のMedia

久しぶりのベートーヴェン。「のだめカンタービレ」でも使われていた交響曲7番の中から第2楽章、ワーグナー曰く「不滅のアレグレット」。以前から「老境」にさしかかる時の「人生の行進曲」のように思っていたが、ジャック・ルーシェの手にかかるとブルース変奏曲で、これも人生の想い出を感じされてくれる。
正統派ベートーヴェン、クリスチーネ・ティーネマン指揮ウィーン・フィルの第7番はこれが極めつけ!

*機能が、どうアップしたか詳細は分からないが、お絵かきプログラムのGimp を、Mac 上で、2.8 にした。2.8は、X-Window なしでも動くらしかったが、日本語で、そのまま起動させるとエラーになる。そのバグ解決法があった。

スクリーンショットは、Gimp を日本語で「シングルウィンドーモード」で起動させたもの。これで、カバー画像などをゆっくり作ってゆくか。
Gimp での住吉市民病院

Gimp での住吉市民病院


Gimp で、いっぱしの画伯?

もとのひまわりの写真 先日の SummerFlower テーマの画像を作るにあっては、もうご存知でしょうが Gimp という、画像処理(フォトレタッチ)ソフトのお世話になりました。(Windows や Mac OS X での Gimp 情報は、「GIMP 2.2 を使おう」が最新情報のようです。階層がひとつ上の URL だとちょっとアブナイサイトに接続したかと思い、ひやひやでした。(^_^;))SummerFlower テーマでは、SpringFlower と同様に、幾種類かの花の写真を合成する際に、お互いの輪郭をぼやけさせるようにしました。概略を示すと、投げ縄のようなアイコンの「手書きで領域選択」→ 画像ウインドウ →「選択」→「境界をぼかす」→「編集」→「コピー」→ 別の画像ウインドウ →「編集」→「貼り付け」で、仕上がります。

油絵風ひまわり 自動的な画像の変換パターンも豊富で、例えば、1) 画像ウインドウ →「フィルタ」→「芸術的効果」→「油絵化」 2) 画像ウインドウ → 「Script-Fu」→「魔術」→「覆布化」で、元のひまわり(左上写真)が、ゴッホ(もどき)の「ひまわり」(右写真)に早や変わりです。というわけで、サイト作りには欠かせないツールになっています。